読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆おとぴの最近の人付き合いのコツ☆

★おとぴの日常★

おとといお話しした認知のゆがみの話

この認知のゆがみのことを私は

内的世界が外側の世界に反映されるのにあたって...

フィルターが幾重にもかかっているという表現をしています

これが似たようなフィルターを持っている人同志が

仲良くなれるんだと思います

だって見えている世界が違うし

もっというと、人によって

世界に登場している物も違うみたいですし

もっと言えば、同じ会話を聞いていても

覚えている内容が全く違っていたりします

精神科の患者さんのような認知のゆがみで

ネガティブに捉えているように

解釈が違う、うんぬんというよりも

全く聞こえていないか、その会話自体が

その人の中に存在していないようです

最近、どんどんそれが顕著になっているので

なんでこんなに噛み合わないんだろうと思っていたら

そういうことのようです

その人それぞれのフィルターって本当にすごくて

前に友達だと思っていた人から(・・;)

「おとぴちゃんがこんなんで旦那さんは嫌じゃないの」と聞かれて

ぶったまげたことがあります

あんなにダーリンと仲良しだって言っているのに

なにをどうしたら、そう見えるのか不思議で頭がショートしました

要はその人が私みたいに

アホのようにるんるんるんしているタイプが不快なんでしょうね

グラウンディングできてなくて、ふわふわしているから

足を怪我するんだとか言われていたら

本当にグランディングできなくなってきて

考えもまとまらなくなってきて

道が分からなくなったことがあります

もちろん人間関係は相互作用の元に動いているので私にもそう思わせてしまうことを

深いところで納得していたり、何かそれに関する要素がないと

こういったことは起こりません

自分にとっては自分が主役の世界ですが

他の人にとってはその人が主役なので

その人のイメージに合わせた、おとぴになってしまうことがあります

それぞれの方の人生があるので

自分を見つめて解けるものもあれば、

そうじゃないものもあるようです

解けないものは代表的なものは

相手が自分をどうみているかを変えようとすることなど

相手を変えることです

自分が変わることで、相手の見方が変わることがありますが

相手を変えようとしても無理なことがほとんどです

なぜならば、人はそれぞれのフィルターを通して
世界を見ているので、
人によって見え方が違って当たり前なんです

合わない相手とは疎遠になっていくことも多いので

嫌ならその人と付き合わなければいいです

私の経験でいうと、無理して付き合っても良いことないです。

結局は同じ世界にいても

全く違う物をみているので分かり合えるはずがないし

相手に自分の意見を押し付けてもどうしようもないです

通常は合わない人は自然と自分の人生から消えて行くのですが

たまに消えずに変にしこりを残す形で残っている方がいます

フィルターっていっても

恐らく単純に重なっているというよりも

もっとホログラフィーみたいに

色んな角度の光のフィルターがあるだろうから

ある側面においては全くかすりもしないけど

ある側面においては似た要素があるとか

色んな可能性が考えられます

私も何人かそういう方がいるんですが

別に嫌いじゃないんですが、正直、話していて楽しくない

どちらかというと損をしている気分になる方が多いですね

これが本当に面白いんですが

こういった方って、だいたいタイミングが悪い時に

電話をかけてきたり、予定が合わない日に誘ってきたりします

私は専業主婦なのでけっこう時間の余裕はあるのにも関わらず

私の行動みて、嫌みでやってるって思うぐらい

タイミング悪く連絡がきます

それかご飯を作ってたり、何かをしていて

電話に気がついて出ようとしたら切れたとか

そんなのが多いんですが

だいたい相手は決まった人です

逆に気持ち良い付き合いができる人は

ものすごくタイミング良く連絡がくるので分かりやすいです

以前は時間ができてからかけ直したりしましたが

用事があったというよりは、話を聞いてほしいだけで

悪口、愚痴、自慢話、相談がほとんどでした別に話の相手が私である必要は全くありませんし

全く持って時間の無駄で、電話を切っても不快感が残る感じです

そういう方は内的世界の話が通じないので

私の話は通じないですし、相談に対してアドバイスしても通じないですし

私が困ったことがあっても相談もできません

以前の愛と感謝よキラキラーってしてたころは

うざいと感じている自分に蓋して

それでも、あははー楽しいってごまかしていましたが

まるでうざいと気付きなさい言わんばかりに

相手がかけてきた時はそれほど不快に思わなくても

自分がかけ直して、こっちが電話代をはらって

なんでどーでもいい話をきかなきゃいけないんだ!

と腹が立ってきました

そもそも相手は私のことを気に入っているのかもしれませんが

私は2度と会わなくても構わないような相手なのに

媚びる必要はどこにもありません

わざわざ、かけなおすなら、

喜んで話せる人がいいに決まってます!

嫌なら嫌だっていえばいいじゃないかーと思うでしょうし

これまた面白いんですが

普段から、嫌なことは嫌ってはっきり言うようにしていますが

それが言い辛いタイプの人も中にはいて

そういう人に限って連絡をくれて

正直、げーって感じです

自分の意見が主張できないってテーマがある人は

はっきり「おまえが嫌いだー」っていうことが

重要なこともありますが

私の場合はそれがものすごく分かりやすく現れるので

何もアナコンダに戦いを挑んでわざわざ締め殺されに行かなくて

いいでしょって感じです(*ノω<*)

でもアナコンダが怖くて(´・-・。)クスン

かけ直さないことにちょっと脅えることもあったので

その罪悪感や恐怖を感じて解いたりしてました

お陰でアナコンダに見えていたその人が

本来の人の姿に見えるようになってきました

(私は姉にいじめられて育ったので、

勢いのある年上の女性に恐怖心があった)

最近、「たまのを」のビワさんに教えてもらって

すごく納得行ったのが

都合が悪い時にかかってくる電話はかけなおさなくていい

たいだいそういう時は相手が自分でなんとかできる

出る必要がある電話は絶対に出れる時にかかってくる

本当にそうなのー

(仕事とかはまた違った意味があるだろうけど)

ここは力説するわー

でもそこに何か感じるものがあったら

その感情をしっかり感じたほうがいいわ

すると相手が実はアナコンダじゃなくて

人だったことに気付けるからー(笑)

そうだ。

ついでに言わせてー

私のことを、すごい人と思っている人がいるようですが

私は自分の人生が苦しすぎて、どうにかしようとしているうちに

ちょっと人よりも先に、この世のしくみに気がついちゃっただけで

他の人と同じように、悩みもするし、苦しみもする

誰かに助けて欲しい時もある

一般ピーポーだから、変に偶像視しないでくださいーーー( ̄Д ̄;;