読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents シンいのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆おとぴの果てしない勘違い☆

★おとぴの日常★

昨日、今日とダーリンの研究所のシンポジウム でした(o^ ^o)

今年はなんと私の地元近くの東邦大学が会場だったので

昨夜は実家にダーリンと泊って

会場まで車で10分かからない近さで超ちんちんでした('ω'*)♪

ダーリンは学会前は毎年、超忙しくて

遅いと夜中の3時ぐらいに帰って来たり

午前様なことも多い。

おととし、シンポジウム前に

帰りが遅くなったダーリンを気の毒に思って

研究所まで迎えに行ったら

あれ(・・?ダーリンの肩になんか乗ってると思って

意識を集中したら

ちっさい子どもの私が(生霊)ぶすったれてのってる

ビジョンが見えて

さすがに自分の生霊をみたのは初めてで

なんで自分の生霊が乗っているのか

????でした

その後、参加した

シンポジウムでヒプノセラピーのワークショップがあったので

受けたら、なんの不調か忘れましたが

その時、不調だった理由を聞いたら

私の潜在意識が

ダーリンがかまってくれないから

淋しいと言っててびっくり!

私、子どものころから一人で平気で遊んでいられたので

ひとりで過ごすことに抵抗がなくて

そんなに気にしてなかったんですが

実はダーリンが忙しくて構ってもらえなくて淋しかったみたいです

頭ではダーリンは忙しいからと納得して、

ひとりで楽しく遊んでいたつもりだったので

全く気付かなかったので、びっくり

淋しいことに気が付いたし

シンポジウムが終わってダーリンの忙しさが落ち着いたので

不調も全くなくなりました

ダーリンが忙しいのは私にはどうにかできることじゃないので

大切なのはダーリンが忙しくて私が淋しい思いをしていると

自覚することなんですね

去年、おととしは多少は

淋しい思いをしていることを自覚していたので

私の生霊はみかけませんでした(笑)

今年のシンポジウムでも

同じヒプノセラピーのワークショップがあって

今年は指先の動きで潜在意識の答えが分かるというのをやってて

面白ろそうなので参加してきました

なんか机の上に両手を置いた状態で

潜在意識にアクセスして

質問にイエスなら動く指、ノーなら動く指

分からない場合に動く指を潜在意識に聞いて

質問するらしく、面白そうなので

ノリノリで参加してきました(・∀・)

偶然なのか、必然なのかおととしと同じセラピストさんで

私のことを覚えてくれていました

(去年はそのヒプノのワークショップもなかったし

私も参加していない)

質問して動く指は本人が動いたか動かないか

分からない方も多いらしいですが

セラピストさんから見たら、どの指が動いたか分かるそうです

動く方もちょっと動くぐらいらしいのですが…

私は催眠にかかりやすいのか

まるで今にも、うれションしそうなぐらい

嬉しがっているワンコぐらい指が

ぴょんぴょん楽しげに飛び回って動きました(´∀`;A

しかもよりによって私のイエスの指は

普通なら単体で動かし辛い

左手の薬指でした

ノーの指は左手の小指…

分からない時の指は人差し指で

動きやすい指ですが、一度も動くことなく

動かしづらい指をわざわざ選んで

潜在意識がアピールしたんじゃないかと思うぐらい

イエスの質問に薬指連打…

ひとつの質問で

へ~ボタン20~30回は押せるぐらいの連打

意識がある状態じゃあんなに軽やかに薬指も

小指も動かせないってぐらいの連打(´∀`;A

潜在意識さん

ここぞとばかりにアピール中…

しかも人前で緊張してしまうはどうしてかの質問に

ノーの連打…!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

人前で緊張しないと聞かれて

イエスの指 超…連打…

私は…

一対一でも…ものすごいおおぜいの前でも

全く緊張しないらしい…(°◇°;) ゲッ

その時に潜在意識の感覚がなんとなく

伝わって来たんですけど…

むしろ…

どんとこーい!!!ぐらいの勢いで

超喜んで指が連打している…

はっ(((((((((( ̄□ ̄|||)

私はいままで果てしなく感違いをしていたことに気が付いた…

人前に出る時に

超どきどきして落ち着かないのは

もしかして超ーーーー人前にでるのが

嬉しかったからなのかも知れない…

まるで遠足の前の日眠れない

子どものような状態だったの?

あの吐きそうなぐらい緊張したと思っていたのは

吐きそうなぐらい嬉しかったのかもしれない…

なんですってーーーーーー!!!

指の連打っぷりから行くと

わたし、わたしよー

わたしはここにいるわーーーー!!!

わたしをみてーーーーー!!!

っていうアピールたっぷりな動き…

潜在意識が仮に子どものころの私だとすると

確かに子どもの私はそういう子どもだった

学芸会でも自ら進んで良い役をやりたがる

超目立ちたがり屋の子どもだった…

母親は子どものころの私のことを全く人見知りしないし

ところかまわず知らない人に話しかけるし

興味のあることにまっしぐらで猪突猛進で

何にも物事気にしないし

まるでアラレちゃんみたいな子どもだったと言っていた

まさにーーーー!!この薬指の連打っぷりは

アラレちゃーーーーん

私、自分のセルフイメージ間違ってたー!!

ごめんなさーい わたしー@(;・ェ・)@ノ 

自分でもびっくり!

しかも自叙伝は完成させないで

ライフワークとして一生、書いていく気満々らしく、

それも超連打状態だった…

子どもも40歳でできるらしく

子どもができても書き続けて行く気満々だし

他にもいっぱいやりたいことがあるらしく

私の潜在意識が超アピールしてたわ…

終わってからセラピストさんに聞いたら

こんなに潜在意識の反応がいい人はいないらしくて

おととしも、すごく反応していたらしく

印象に残ってそうな…

セラピストさんにも

すごいですね…と驚かれ…

周りを見渡すと…

確かに他の人は指が動いてるんだか動いてないんだか分からない…

なんかこういった催眠って

素直な人がかかりやすいらしい…

私、自分が自分の中ではスタンダードモデルだから

よく分からないけど

人からよく素直だって驚かれるから

やっぱり人並み外れて素直だったみたい…

きっと針麻酔も私は余裕でかかるだろう…

(針麻酔も素直な人には効くけど

そうじゃない人には効かないから事前に

気功とかを数週間やって整えてからやるらしい)

とりあえず…自分でも意外な自分を知れて良かったと

帰りにダーリンに説明していたら

「そりゃそうだろ。

人に対して緊張する人はあんなに開けっ広げに

自分をことをネットで書けない」と言われた

そうだったね…

わたし自分のこと分かってたつもりだけど

まだまだ自分のことを知らなかったよ…

われながら自分のことが

末恐ろしいよ…(((=ω=)))ブルブル