読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆おとぴのビンボーごっこ☆

★おとぴの日常★

ビンボーごっこっていっても

ごっこな訳で本当にビンボーっていうほど

ひもじいわけではないですけど

ここ1年ほどお金が思うように使えない

ビンボーごっこを日常的に楽しんでました

おいらはだいぶ感覚が開いて来て

傍からみたら丸きり子どものような人だと思うけど

それでもまだ子どもの感性の5~7割ぐらいなのよ

子どもの感性ってものすごいんだと思う

(数値化できるようなことじゃないけど、

分かりやすく数字で表現してみた)

あとの残りは大人としての常識的な面も持ち合わせて

自分的にはとてもバランスがちょうど良くて

子ども度10割になる必要はないかなーって思ってます ̄m ̄ ふふ

子どもになればなるほど

どーでもいいことが楽しいし幸せ

子どものころってさー

広告切り取って、貼り付けてお店屋さんごっことか

超楽しかったよねー

あーいうどうでもいいことを最大限に楽しめる感覚って

大人は忘れちゃっているだよね

私もさすがに広告は切り取らないけど

当たり前の日常が些細なことでちょーーー感動できるよ

子どもってそうだよねー

ご飯に好きなおかずがあるだけで

ちょー幸せだし

飴玉一個でも大喜びだし

すげー欲しいものをお小遣いためて買う幸せとか

幸せを感じる閾値が大人よりもずっと低かったと思うんだ

たぶんね大人になるとともに

色んなことに慣れて常識を得るごとに

そういう喜びを徐々に失っていくんだと思うんだ

でも失うだけで終わらせないで

実は取り戻すこともできるんだよねー

人は落差のなかにいるから

失った分、取り戻した時の喜びが大きいんだと思うよ

そう考えると私はこどもの感性半分でも

もしかしたら子どもよりも

強い幸せを感じているのかも

私は感情をどんどん解放していって

色んな覚え込んだ当たり前を手放していったら

どんどん子どもに戻って行ったよ

最近、ビンボーごっこが楽しいの

だって昔って一万円あったら

超金持ちになった気がしたけど

いまじゃあっという間になくなっちゃうんで

価値が全く違うんだよね

いま、結婚して丸3年でもうすぐ4年目になるけど

元々の私は割と自由にお金を使うのが好きなタイプ

多少、貯めもしてたけど

どちらかといえば浪費家

でも専業主婦になったらそうもいかないんだよねー

ちなみにお金の管理ができないタイプの人間なので

毎月、ダーリンから生活費を決まった額もらってるの

(お小遣い込み)

面白いことに最初の2年は

それなりに考えては使ってたけど

臨時収入とか面白いようにあって

そんなにお金に困らなかったの

それが去年の4月からダーリンの大学の講義が一コマ減って

お給料が減った分、生活費2万円減らされた(*ノω<*) アチャー

だけどきっと臨時収入があるから大丈夫って思ってたけど

ないんだな…あんなに当たり前のようにあった臨時収入が…

!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

なんだかんだで帳尻は合うけども

お金が足りないのを察して

ダーリンが月末にお小遣いをくれたりした月もあった

足りなくなった時って

あーあれにお金使わなきゃ良かったーとか

後悔するのよねー

でも本当に欲しかったものなら

得た喜びのが大きいから後悔しないと思うの

後悔するのは中途半端に欲しかったもので

買ってもほったらかしにしてたらするものだねー

私、単純だから

その瞬間はなんでも超ーかわいい 

超ー欲しいなんだけどね(*ノω<*)

それで私がとった策は

これ超欲しいと思ったものがあったら

即買いしないで、一呼吸置いて、

それでも欲しかったら買う

遊びは値段に関係なく

見た瞬間、聞いた瞬間に超行きたーい思うもので

少しでも迷うものは行かない

断捨離やときめきのお片づけと同じで

むやみやたらとお金を使わないで

最初の段階で断つことを覚えたら

それでも欲しいものだと

不思議とあとから必ず臨時収入があったり

他の物が安く買えたりで、

その月を問題なくやり過ごせました

お陰で前よりも自分に

必要なものを見極めるチカラがついてきて

結果として自分の環境が居心地がさらによくなりました

このために4月からのビンボーごっこが

あったのかなと思ってました

豊かさをお金に求めるのも

心の豊かさに求めるのもその人それぞれですが

子どもってお金がなくても

ちょー楽しんで生きてると思うんです

私は子どものようにありのままの自分で生きたい人だから

お金は日常生活に困らないレベルで

満足できるタイプの人間なんだなーって思います

これは人それぞれだと思います

ただ私は精神科の看護師してた時に

色んな人をたくさんみたんですね

高学歴の人、超セレブの人

昔テレビで見たことがある芸能人や

有名人の子ども、現役の芸能人もいました

世間で羨ましがられるような肩書の方

たくさんみました

お金で幸せになることを求めるタイプの人間は

こういうものを見て、違和感を感じるような

出来事は起こらないと思うんです

好きなことをやってて

結果的にお金や名誉も手に入った人ならいいんですが

今の自分の自己否定からお金や名誉を求めても

幸せになれないと思うんです

私はお金持ちじゃなくても名誉もなくても

いまのままの自分が大好きです

昨日だってダーリンと

フードコートで

長崎ちゃんぽんを麺2倍にして

アンケートに答えてもらった

クーポンで餃子一皿ただでもらって

二人ではんぶんこして食べたけど

そういう些細なことが超幸せ('ω'*)♪

こういう幸せってセレブじゃ味えないだろうなー

家だって築40年の3DKの古いマンションだけど

いつでもダーリンの気配が感じられて幸せ

私が求める幸せって

好きな物を好きなだけ買えることよりも

大好きな人と

当たり前の日常を楽しく過ごすことだなーって思います

でも実は来月からダーリンの授業が一コマ増えるから

お小遣いが元に戻るんですけどね(o^ ^o)

おとぴの楽しい、一年間のビンボーごっこでした ̄m ̄ ふふ