読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆昨日は第一回おとぴのおとめ委員会でした☆

├☆おとぴ祭り&お話し会☆

昨日は

平成26年度第一回おとぴのおとめ委員会でした('ω'*)♪

お越し下さった方、本当にありがとうございました。

おとぴは感動で喜びいっぱい胸いっぱいです。

こんなにたくさんお菓子をいただきました(・∀・)嬉しい

安心して気持ちが緩んだのか

今日は眠くて眠くて

早く委員会の報告がしたくて眠気を堪えて

書こうとすると、喜びがあふれてきて

涙がでてきてしまいます

内容的には全く満足いくものではなかったんです

緊張からなのか舞い上がってしまったのか分からないですが

頭が真っ白になってしまって

話す内容が全部飛んでしまって

最初の30分ぐらいはパニくりながら話したので

何を話したかも覚えてない感じです

だって50人以上の方が、私に会いたいと

おっしゃってくださってわざわざ会いに来て下さった上に

関東以外からいらした方も10人弱ぐらいいらして

富山、京都、奈良、仙台、福島、広島など

あちこちからいらしてくださって

おとめ委員会のために朝5時に家を出て来たと

おっしゃっていた方もいらして驚き過ぎて

嬉しいのと感動するのとごっちゃになって

パニくってしまいました(´∀`;A

せっかく来て下さったのに

申し訳ないと思うと余計にパニくるもんですね

普段、半分ヒッキーのような状態で

のんびり家で過ごしているので

ギャップがすごすぎました

でも緊張し過ぎてゲロ吐くかもしれませんとお伝えした状態で

来て下さった方々なので

そんな支離滅裂な私をほほえましく見守ってくださって

本当にありがたかったです(o^ ^o)

最初なのに予想以上に人が集まってしまい

慌てふためいて、事前にたまのをのお二人にSOSを出しておいて

本当に良かったです

変にひとりで頑張らすに人に助けをもとめたら

ちゃんと助けてくれるものですね

パニくり過ぎて話ができないので

ビワさんにお話しをお願いして

聞いているうちに落ち着いてきて

多少はお話しできて良かったです(○´∀`○)ノ

以前はこんな大勢の前で話ができなかったら

恥をかいたと思って凹んでいましたが

多少の恥ずかしさはありますが、

それ以上にそんな私もかわいいなーと

受け容れられていることがとても嬉しいです(o^ ^o)

せっかく来て下さった皆さんも

私を見ただけで何かを感じてくださった方が多いようで

喜んでくださったのも本当に嬉しいです

人はありのままの自分を生きていれば

それだけで何か伝わるものですね( ̄▽ ̄)

三阪さんが、たまのをの宣伝をしたいとおっしゃってくださって

希望された多くの方に

カラダの声をリーディングしてくださったので

会的にはそうとうお得だったと思います

(ちなみにお二人とも無償でやってくれています。

一応、お礼の品は渡しましたけど、私以上に欲がない方達なので)

たまのをフェイスブックページはこちら

だいたいの方が人には優しいけど、自分に厳しいような

ことを言われていて、その優しさを自分に向けてくださいって

言われていました。

三阪さんがおっしゃるには

自分に厳しい方ほど、「自分に甘い」といって

だらけることを許さないそうです

本当に自分に甘い人は、自分が甘いなんて

気にもしないと言ってました

あー確かに私、自分に甘いとかじゃなくて

すでにこれが当たり前と化しています ̄m ̄ ふふ

自分を厳しくして、カラダや心の声を無視し続けることで

感覚が鈍くなっているといるので

自分のカラダの声に耳を傾けて自分を大切にしてくださいと

いうことを私もお話ししたので、

今回のお話しの趣旨は自分を大切にすることだったようですね

私はめっちゃ自分を大切にしています

ダーリンも大切ですが

それ以上に自分がとても大切です

ダーリンは私が幸せならば

幸せみたいです。

男性はそういう生き物のようです。

私が私のすべてを認めて心から愛しているから

人のことも認めて心から愛することができる

は長いこと自分のことを勘違いしていて

人が大嫌いだと思い続けて生きて来ました

自分が癒えて、幸せな結婚生活を送り始めても

どこかで人嫌いが抜けきれずにいましたが

たまのをのお二人に会って

私は本当は人が大好きで、とても人を愛したがっていることを

教えてもらって、頭では理解していなかったので

本当に驚きました。

だから私はとても、たまのをのお二人には感謝していて

たまのを応援団を勝手にやっています

人が大好きで、ところ構わず人に話しかけていた

子どものころに戻りたい

損得勘定抜きにして人と関わりたい

その願いが叶い始めているんだなー

私はやっぱり人が大好きなんだなー

そう思うだけで涙がでてきます

きっと人が大好きだから、その想いが届かなくて苦しい自分が嫌で

きっと人が嫌いだと思い込んだんだなーと思います

私は人が大好きで、大好きなみんなが私に会いに来てくれて

私の話を喜んで聞いてくれる

こんなに嬉しいことはないです

私は専業主婦なので

それほど儲けがなくても、お小遣い程度の稼ぎで

充分なのが私の強みでもあります。

いまのところ、

お金があることで叶う願いって思いつかないんですよね

関係ないけど

いま、叶えたい願いは

千原せいじみたく野生動物と仲良くなることですが

こればっかりは願えば叶うわけではなさそうなので

どうしようもないんですよ

その願いがお金で叶うのなら、お金貯めますけど(笑)

だから綺麗事とかじゃなくて

お金を儲けることよりも人と楽しく関わりたい

るんるんるんで過ごせる、おとめが増えて欲しい

そう思っています(○´∀`○)

だから、おとめ委員会は続きます。

次は私が一方的に話すんじゃなくて

十数名で話せる会を数回に分けてやればいいかなーと思ってます。

あと、たまのをのお二人も被災地に行きたいと言っているので

被災地に行きたいです

私のブログの読者さんで

被災地の方、連絡ください ̄m ̄ ふふ

どうやら被災地支援のことを書くと

被災地以外の方のほうが過剰に反応される傾向があります

(夜中の1時にフェイスブックの電話がなったのも

被災地に行きたいという記事を書いた直後でした)

傷ついている自分の投影でしょうけど

(そういう方はぜひご自身に目を向けてあげてください)

私たちはそういった自分の投影で行きたい訳じゃなくて

本能的な母性には

人と人とが助け合うものだということが

インプットされていて、そういう想いからの行動です

なので被災地以外の方から過剰に反応されるよりも

私や「たまのを」のお二人の伝えたいことを

理解されている被災された方からの

依頼の方が話がスムーズなので

できれば被災地の方が直接、直接連絡くださると嬉しいです

おいらは放射能も恐くないので

福島でもどこでも大丈夫です(o^ ^o)

きっと旅費とかはなんとかなると思うので

気になる方は連絡いただけると嬉しいです。