読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆灯台下暗し☆

自分のための覚書

実は、先月駅のトイレにカバンを落とした時に

長年使っていたウォークマン

自動洗浄とともにトイレに流れて行ったΣ( ̄ロ ̄lll)がーん

その瞬間、

トイレが詰まるんじゃないかとか色んなことを考えたけど

わたしの意思とは無関係に

トイレに手を突っ込んで取り出すという判断もする暇もないぐらい

あっというまに、ウォークマンは流れて行った…

どう考えても取り出すことは不可能だし

そんなものを流してしまって

駅員さん、ごめんなさいという気持ちは

ちょっとはあったけど

それよりも

正直、自動洗浄まじやめてくれ…って思った

普段から、勝手に水が流れて

流すのはいまじゃない!というタイミングで流れたり

流したい時に、センサーが反応しなかったりする

洗浄ボタンぐらい押させてくれ!

水を流すタイミングぐらい自分で選ばせてくれ!

そんな思いもあったけど

ウォークマンが流れたショックよりも

カバンがトイレに落っこちた衝撃のが大きくて

スマホとお財布が無事だっただけ良かったって

ウォークマンはもう5年ぐらい使ってたから

すぐにあきらめがついた

今週末から、インドに行くので

汚いインドのトイレに耐えられるように

トイレトレーニングなんだろうって

たまのをの二人にはいわれた…

お陰でインドへの抵抗感が少し減った

だってインドのトイレは便器よりもうんこが盛っている時があった

なんて話を聞いたことがあったし、

色んな人から聞けば聞くほど、

インドのトイレ事情はげんなりだったから

それで新しいウォークマンを買おうと思って

去年から調べていたけど

すぐに買う気にならず、年が明けてから

防水のウォークマンを発見

ちょうど年明けからダーリンとフィットネスに行き始めて

水中ウォーキングしている時に暇だな~と思っていた

泳ぎながら、音楽が聴けるという夢のような

商品があることを知って、喜んで速効、買いにいった

泳ぎながら聞けて、すごく楽しかったし

それは満足だけど、モニターがないし

スピーカにつなげないので普段使うには使い勝手が悪くて

もう一台ウォークマンを買おうと買いに行った

売り場でウォークマンを見ても

どうも買う気になれない

それよりも、ハイレゾ対応っていう

最近、流行りの高音質の機械が気になった

ハイレゾはすごく音が良い

超欲しいけど、ハイレゾ対応機器の他、ハイレゾ対応ヘッドフォンが

必要な上に、CDの音では意味がなく

ハイレゾ音源をダウンロードしないといけなくて(CDよりも高い)

しかも容量がハンパなくて、アルバム一枚で3Gとか5Gとからしく

どうしようか悩みながらも

ハイレゾ対応機器を買いに行こうとしてたら

ダーリンにインド帰ってきてからにすればって言われた

違う、インドに行く飛行機で聞きたいんだ!

(防水ウォークマンは充電が7時間しかもたない)

でもなんでか買うのが気が進まない…

それであれこれ調べていたら

なんとわたしのスマホハイレゾ対応であることが分かってびっくり

まさに目から鱗…灯台下暗しはこのことだ…!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

だからすごく欲しくても、いざ買おうと思ったら踏ん切りがつかなかったんだ

しかもウォークマンを買わなくても

防水のウォークマンを買った時にインストールした

音楽共有ソフトで

スマホに音楽が転送できることも知った…

いままで、ウォークマンを使ってたから

スマホに音楽を転送しようって考えたことがなかった…

欲しいと思ってたものは、すでに自分の手元にあった…

ただそれに自分で気がつかなかっただけ…Σ( ̄ロ ̄lll) 

深い~~!

しかもいっつも思うけど

カラダはそのことを知っているのよ

あなたの欲しいものここにありますよって

教えんばかりに、すごく欲しいけど、新しいのを買うのは気が進まない…

そんな感覚だったのねー

このスマホを買った時にハイレゾなんて知らなかったけど

その時のわたしが、いまのわたしの欲しいって願いをかなえてくれたよ

人は結構、無意識に未来の自分の願いを察して叶えていることって

結構あるのよ

後から振り返ると、あの時のあのふとした行動がなかったら

いまのわたしはないってことたくさんある

だからね

過去、現在、未来の時空を超えて

いつでもこうやって自分で自分の願いを叶えて

自分を幸せにし続けているんだよ

確かにね。

幸せっていう状態があるだけで本当に幸せだけど

こうやって、欲しいものがゲットした幸せもまた違った感覚で嬉しいよね

そうやって自分で自分の願いを叶えてあげている

たくさんのことに気付ける自分でいたいなって思う