読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆7月のたまのをお茶会動画パート4☆

スピリチュアル系雑誌トリニティさんの

webマガジンに連載させていただいてます

元精神科看護師 さん☆おとぴ presents “いのちのしくみ”

良かったらご覧ください

*****************************

たまのをお茶会動画パート4です

おい!パート3はどこいったって感じですが

パート3の方は後から動画アップOKの連絡をいただいたので

順番が逆になってしまいました。

パート4は何度か、お茶会に来てくださっている

ゆきさんという方です。

(ご本人に動画と下のお名前をアップする許可をいただきました)

ちなみに動画の最中に、押し入れに閉じこもっている、さとみさんって方の

名前がでてきて、意味不明ですが、

パート3の動画の方です(´∀`;A

後の動画になっていくと

どんどんわたしの顔がスッキリしていくのが面白いです

お話し会の前は、参加者さんのエネルギーを

自動受信してしまうので、浮腫んでたり、

お肌が乾いたり、唇が乾いたり、下痢したり、

カラダが重くなったり色んな症状がでますが

ご本人が自分のカラダに目を向けて、解放することで

わたしの症状も一緒に解けて行くので、楽になります(・∀・)

この時は恐怖の解放をすることが多くて

腎臓って恐怖が溜まるっていいますが、

そのせいか、むくみやすくなるんです

そうそう、たまのをフェイスブックページに

ビワさんが書いてくださった文章が素晴らしかったので

転載しますねー(・∀・)

******************************

おとぴちゃんがアップしてくれた

映像いかがでしょうか?

おとぴちゃんは、本人よりも先に

相手の身体を受けて表現してくれます。

そして、いのちをヒーリングする

あたたかいビビッドなエネルギーで包んでくれます。

イリアさんは、相手が感覚の中にいるかどうかを

みきわめながら言葉を運んでくれます。

実は自分解きの中で一番難しいことは、

その感覚の中にいるかどうかということです。

内なる感覚、感じる身体。

これは、当たり前に分かっていると思っているかもしれませんが、

ほとんどが、記憶の頭でしかありません。

いままでの人間にとって、感じる身体に封印をかけることによって、

世間をつつがなく生きてこられるようになっていた、

と云っても過言ではありません。

かしましい頭は、その証明のようなものです。

人は、本来の自分を生きることも恐怖なら、

頭で本来の自分を抑え込み、自分を殺し、

忘れ去って生きることも恐怖です。

本来の自分を忘れたことが、

様々な悩みや苦しみ、問題をなげかけます。

そして、これらの問題こそが、

本来の自分に帰り着くための仕掛けでもあります。

自分を解くやり方を、コツを身につけると、

この身体が様々なことを、全てを教えてくれます。

かっては、そうした身体をもっていたのです。

そして今、その身体を取り戻すことが、

世界の平和や人類の幸せを約束してくれています。

そのために、この身体の中にある

古い生き方のパターンを見切り、本来の自分に目覚め、

まず、この自分を幸せにするところから始めなければなりません。

人類始まって以来の、この幸運な今を目指し私たちは降りてきました。

私達は、これからも、何度も起こる変化の波を、くぐり抜け、

この時代に自らを導き、成長し続けていくために、

今という時代に降りてきました。

新しき良き時代を開き続けるために生まれてきました。

古いいのちのパターンは、恐怖と不安、不信の中にあります。

信頼という、愛といういのちを取り戻すことが

全ての解決への道です。

自分を解くこと、分けて解かって、溶かして、癒していく、

是非この世界を経験してもらえたらと思っています。

以下、動画

モザイクをかけた関係で

動画が3つに分かれてます

********************************************