読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆一斉ヒーリングご入金&募金ありがとうございます☆

IMG_20150930_225218644.jpg

おとといのスーパームーンすごかったですね

いつもよりも、ずっとまぶしく輝いていて

スマホでもこんなにはっきり満月が撮れました(・∀・)

IMG_20150930_225152430.jpg

うちでは鳩セカンドシーズンの

雛ちゃんがスーパームーンの日に2羽とも孵化しました

9月9日と9月11日に卵が産まれたんですが

9月9日はくくりの日と言われているので、

くくりの日に産まれてスーパームーンに孵化するなんて

パワフルな雛ちゃんだと思いました(・∀・)

2羽のどっちが9日に卵が産まれたか分かんないけど…

それで、昨日はスーパームーンの余波なのか

だるくてだるくて寝込んでました(´∀`;A

お陰で今日はすっきり、さわかやかで

すこぶる快調です(・∀・)

それで話しは変わりますが

一斉ヒーリングにご参加してくださった方

ご入金してくださった方ありがとうございます。

そして、募金してくださった方もありがとうございます。

おとぴは来月末に沖縄旅行に行くので

お金が欲しくないといったら嘘になりますが

それ以上に、被災されて困ってらっしゃる方に募金してくださること

それを嬉しく思います

やはり人と人は支え合い、助け合い、愛し合う

ああいった災害を見た時にどうしても、

自分が癒えてない状態だと過度に感情移入してしまうために

心苦しくなってしまう方もいらっしゃると思います

ですが、すべては必要で起こる

どこかの知らない遠いところの誰かが

深く傷ついているのを助けたいと思うことも美しいことですが

まずはご自身を助けてあげてください

そうはいっても、自分が癒えて来ても

こういった大きな出来事が起これば

手伝いに行きたいなーと思うんですよ

なんか助けたいと思う気持ちの質が違うって言うのかなー

ヒーリングを始めた当時は人を救いたいって

すごく思ってたんですよ

でも、自分が癒えてから救いたいって思わなくなったし

すべては必要で起こっているから

むやみやたらと手を出してはいけないことが分かるようになった

むやみやたらと人助けするよりも

自然と助けたいって思える時に、動くようにしています

9月に起きた川の氾濫だって

さすがにあれだけ大きな災害じゃ

その地区にお住まいの方だけじゃどうにもならいですからね

ボランティアに行きたいなーと思ったんですよ

ボランティア募集を調べたら

近隣住民しか受け付けてなかったので

かわりに募金で応援しています

助け合いは、足す 気 合い(愛)だと

以前、どこかに書きましたけど

人は己のためには頑張れなくても

困っている誰かのためには頑張れたりする時もあるものです

助けるという行為を、一方的な上から目線のものにするのはなくて

それをすることで、互いに気(エネルギー)を足し合える

だから募金してあげたいという優しい心

それを愛でてあげてくださいね

そして自分が助けられる立場になった時は

それを受け取ることで、活かされる人がいること

誰かを助けて、喜ぶことができる

優しい人がこの世にはたくさんいること

それに気付いて、遠慮なく助けられてくださいね

そうすることで、募金する側もされる側も癒されます

助けに行ける距離であれば、直接行って

助け合うことも大切ですが

それが無理であれば、こうして募金するだけでも

人が人を想う優しさを循環できると思うんです

そして、人には必ず自らのチカラで立ち上がることができることを

信頼してあげてください

以前、人と自然は響き合い共鳴しているとお話ししましたが

ああいった災害が起こること自体

それだけまだまだ深く人々が傷ついているという証のようなことです

人は決して万能ではありません

なぜならば、すべてと生き合い活かし合えるように

あえて万能ではないように神が作ったからです

その万能ではない人が

すべてと活かし合うことを忘れ

我が物顔で身の丈に合わないことをすれば

時に、そのしわ寄せが自然災害にプラスアルファされ

余計に被害を大きくすることもあると思います

誰が悪いとか、誰かを責めることは簡単ですし

人は苦しい時に何かを責めてしまいたくなるものですが

こういう大きな出来事って、

誰が悪いって個人の問題ではなくて

もっと集合意識的な大きな動きの元にあります

本来、人がいのちそのもので生きていれば

互いを活かし合い支え合い、補いあうことができるので

基本的にそういうことは起こりません

ですが以前もお話ししたかもしれませんが

地球は生きているので、色んな現象は起こるでしょうが

それぞれの必要に応じて、必要最小限な被害に留めることができたり

自然と色々な問題を回避できるようになります

仮に問題が起きても、それ故に更に状況が改善されるなど

それすらも必要で起こります

すべては人がいのちそのものの状態から

外れてしまったがために起こっています

別に被災なさったから、大きく外れていたわけではなくて

それぞれの方に必要に応じて、出来事は起こるので

恐らく、こういったことは

多くの人が気付くまで続くと思います

自分だけが良ければ、それで終わりじゃなくて

自分もこういった世界を作った、一部であったこと

これほどまでに人が深く傷ついているということ

まだまだこういったことが起こる世界であることを真摯に受け止め

どうやったら、皆が共に活かし合える優しい世界を作れるか

それを考えると、やはり個々の中にある己の心の傷を癒し続けること

それが先決なんだと思います

地球の波動はどんどん上がってますが

人が全くこれに追い付いていません

まだまだ時代の変化は続きます

どうか、すべてと生き合える世界にするために

まずは、ご自身を大切になさってください

自然はいつもわたしたちと共にあり

いつもいつも「愛している 愛している」と語りかけてくています

そんな声に気付けるように耳を傾けてください

時にいのちをないがしろにするような人もいますが

そういう方は、それだけ感覚を消さなければいれないほどに

傷が深いということでもあります

なので、そういう方を憐れむのでも蔑むのでもなく

まずはそれに気付ける方からご自身を癒してあげてください

そうする人が増え続けることで世界は必ず平和になっていきます