読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆旧世代☆~遮眼帯をつけている人たち~

├☆旧世代☆

世代の話しを読んでくださる前にまずこちらからお読みください

☆緊張から弛緩へ☆~しなやかに生きる遊びのある時代へ~

何度もお伝えしている通り、神様的な存在に

遊びなさい 遊びなさい

と言われるとお話ししましたが

遊びは Playじゃなくて、こういった余裕のあるしなやかさのことです

時代はそれを生きれる人を多く求めています

なぜしなやかさが必要なのかというと

極度に緊張していると

互いに響き合えないからです

前に筒狐の話しを書きましたけど

土管に入ってちゃ、響き合えない

その人が土管の中で幸せだと思い込むのは

自由ですが、あくまで自己満足の世界なので

残念ながら、すべてが響き合い調和する世界とは違います

新たな世界は調和する世界です

その世界を目指して、互いの世代の理解を深めましょう

ちなみに最近、近所の公園の木に話しかけたら

いつも幸せでいてくれてありがとう

って、言われたんですけど

わたしの幸せな状態と、木の幸せが共鳴すると

この上ない喜びらしいです

だから、ありがとうって言ってました

本来の感覚的な幸せを感じるのも

緊張状態では幸せだと思い込むことはできても

エネルギーの状態は幸せにはならないです

やはり余裕であり、遊びが大切なんです

それで、本題、旧世代の話しです

戦後の日本を支えてきてくださった方たちです

この方たちのお陰で、いまの日本があります

ですが大変な時代を生きて来られたので

とても緊張感が強いんですね

それに昔は右ならえで同じように型にはめられた世代

いまと違って、正規雇用率も高かったですし

会社に勤めたら、定年までその会社で勤める方が多く

恋愛においても

結婚前に関係を持つなんて考えられない

23歳ぐらいで売れ残り呼ばわりされて

お見合い結婚で結婚させられたりした方も多い世代です

ものすごく常識で固められた世代なんですね

わたしには、遮眼帯をつけていたり

全く目の前のものが見えていないように見える方が多い印象なんですが

枠にはめられたがゆえに

常識で感覚を消してしまった世代です

それ故に、感覚的には目の前が見えていなかったり

遮眼帯をつけたようにものすごく視野が狭かったりする

次から、この旧世代にありがちな事例をふたつ上げますね

つづく

メリクリ&年忘れおとぴ祭り