読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆インディゴ中期の危うさ☆

明日はおとぴ祭りです

ドタキャンOK

キャンセルの連絡は不要です!!

面倒臭いから、出欠確認してません

よって、キャンセルメールはいりません

遅れる場合の連絡も不要です

それでも、連絡くださる方がいらっしゃいますが

返信するのが面倒臭いので

キャンセルメールはしないでください

まだ若干、残席あります

メリクリ&年忘れおとぴ祭り

**********************************

☆緊張から弛緩へ☆~しなやかに生きる遊びのある時代へ~

それでね、なんでインディゴ前期をすっとばしてまで

インディゴ中期を先にやったかというと

これは精神科で勤めた勘としかいいようがないんだけど

この世代の人ってね

わたし、パートナーともラブラブで

すごく幸せなんですって

リア充ぶりをアピールしておきながら

ある日、突然、衝動的に自殺しそうな

危うさを感じるの

なんでかというと

幼少期にバブルのエネルギーを浴びただけでなくて

多感な時期にバブル崩壊を経験しているでしょ

たぶん代表的な1982年生まれを例に挙げると

ちなみに1986年~1991年がバブルらしい

3歳で自分殺人事件を起こして

内的な自分を封じるんだけど

インディゴの子たちって

自分を生きる、いのちを生きるって

意思が強いから、意思の強さで殺しきらないで

二世帯住宅みたいな二重構造にして

残しておく人が多いの

たぶんこの二重構造って

3歳以降、徐々に創っていって

10歳、思春期と経て大人になるまでに

徐々に創り上げるんだと思うのね

だけど3歳の後、4歳ごろから

バブルを強烈に経験するわけね

それで10歳前後で、社会的な外側にみせる

自分を殺して、人との関わりの合いの癖をつけるんだけど

その大事な時期に、バブル崩壊後の混乱を経験しているでしょ

子どもだから頭では理解できなくても

感覚で感じとっているの

だから、何を信じていいんだか分かんない

とても不安定で自信がない状態なんだと思う

それでも、インディゴ故に

自分を表そうとしてセルフプロディースして

自分を創り上げるんだと思うの

でも、インディゴって基本的に嘘が嫌いなのね

エネルギーに敏感だから

そこに嘘があるとすごく違和感があるからだと思う

だけど、自分の中に最大の嘘があるわけじゃない

そこから目をそらすための感覚が

黒板をギーーってする感覚なんだと思う

なんか、ここの人って

内的な感覚をつかんでも

それを外側で自分を見せつけるために使おうとするの

前にも言ったように

外側に見せつけようとした時点で

フォーカスが外側だから

内なる外なんだけど、

そうせずにはいられない感じで衝動なんだと思う

たぶん、ここの人たちは

新たなる時代への変容のために

バブルのエネルギーを浴びて

自分の中に取り込んで

解放することで、人の世を動かす役割があるんだと思う

そして新たなる人の世を作っていく係

そういう役割故に

自分を表さずにいられない感じ

元々、感覚良いし

色々とアイディアも豊富っていうか

前の世代の人とは違う感覚や視点で

色んなものをいってくれたりするから

すごく魅力的なのよ

去年の前半ぐらいまでは

いい感じだった人も多いのよ

でも去年の秋ぐらいからかなー

どうしちゃったのってぐらい

人の世の感じが浮き出てきちゃったの

やっと何が起きたのか分かって来たんだけど

新しいエネルギーがどんどん降り注ぐから

昭和のカルマ噴き出しが起きているみたいなのね

古い価値観的なカルマ

ちなみにわたしも、人生の3分の1は昭和だったから

そうとう昭和的な感覚が残ってたのよ

なにもすべてを否定するつもりはないし

昭和は昭和で良いものもあるから

それは無くさなくていいと思うの

でも旧世代や、ゼロ世代で話したような感覚は

すごく自分の中で違和感があって気持ち悪くてね

いままで、気付けなかったようなことまで

ザクザク浮上してくるから

ここ一年でものすごく自分が変わった気がするよ

今年の頭ぐらいに

2015年はすごい年な気がするって喜んでいたのは

こういうことだったんだと思うの

つづく