読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆世代交代☆~すべては妖怪のしわざ~

☆緊張から弛緩へ☆~しなやかに生きる遊びのある時代へ~

えー、昨日はメリクリ&年忘れおとぴ祭りでした

お越し下さった方ありがとうございました

旧世代と新世代のチカラ関係が完全に逆転したためか

なんか、色んなことが明確に分かって来て

思い出して、色々と腹を立てて

昨日は、興奮して話してしましました

隣のお部屋から苦情がくるほどの、興奮ぶりでした

お隣の方ごめんなさい(´∀`;A

そーそー、昨日のおとぴ祭りでもその話をしたんですが

旧世代と新世代のチカラ関係が

一昨日の冬至で逆転したんですよ

10月に時代が開いて、折り返し地点に来た感じがしたんですが

そこからの世間のみなさまの混乱ぶりがすごくて

個人的にはドン引きしてましたが、

とうとうチカラ関係も逆転しました

正確にいうと、支配的な旧世代の男性性のチカラが衰えて

もうチカラを無くしたんですね

いま、残っているものは完全に記憶の中の産物であって

実体のない、ダミーみたいなものです

だから、前時代の男性的な

俺が男だぞー的な生き方とか

色んなことを頭で覚え込む生き方は

崩壊して行きますので、

それぞれの方も覚悟して

ご自分の色んな価値観をもう一度

見直された方がいいですよ

順を追って話しますが、そのせいかここ1年ぐらいの

ダーリンの行動が妙だったのが腑に落ちました

まずは、世代交代の象徴的な出来事

妖怪ウォッチ 週末観客動員数で

まさかのスター・ウォーズ超え

出典:http://eiga.com/movie/81506/gallery/

わたし、スターウォーズに全く興味なかったんですが

あれだけ有名な作品なので

すっごい時に、公開日ぶつけてきたなーと思ったんですが

一年前には、妖怪ウォッチの映画の公開が告知されていたので

偶然の可能性が高いのですが

きっとこれも

妖怪のしわざですね

ちなみに

スターウォーズ

ネタばれありです

でも、意味分かんないからネタばれに値するかも分かりません(´∀`;A

うちは夫婦そろって妖怪ウォッチ大好きで

公開日に観に行くつもりでした

ただ、去年の公開の時に初日は満席続きで

映画館をハシゴしたなんて話を聞いていたので

子ども達に遠慮して、早い時間はやめて

夕方ぐらいに行くつもりでした(・∀・)

一方、スターウォーズは観るのが初めてでした

正確にいうならば

全く興味はなかったけれど

あまりにも世間のみなさまが騒いでいたので

20年ぐらい前かなー

3本ぐらいビデオを借りて来たけど

どうしても観る気がしなくて、

それでも渋々

とりあえず、再生したら

開始5分ぐらいでガン寝

しかも眠くて寝た記憶もないまま寝てて

はっと目が覚めたら、終わってました

覚えているのはC3POとR2D2が

砂漠らしき所を話しながら歩いていただけ

それからも、観る気がないまま時は過ぎ

ダーリンと結婚してから

ダーリンがDVDを持っているので

観てみようと再生したら、

映像が流れているのに、内容が全く入って来ず

分かったのは、

どうやら金髪の男の子が主人公だということだけ

そんな感じで、どうやらスターウォーズには

そこまで感覚を外すぐらい

わたしが極度に苦手な何かがあるらしい

ってことは理解していました

今回、劇場公開されても興味がなかったけど

ダーリンが観たそうにソワソワしているので

妖怪ウォッチと一緒に観に行きました

でも、観るためにあらすじを調べても

やっぱり内容が頭に入ってきませんでした

それで、楽しみにしていた妖怪ウォッチの映画は

すっごく面白かったんですが

気になったのが

わたしは面白くて、何度も会場に響き渡るぐらい

大爆笑をしているのに

会場はしーん…

来る前は、ドラえもんとか子供向けの映画って

子どもがざわざわとお話ししたりとか

歌ったりとか、騒がしいイメージがあったのに…

しーん

最後まで、会場の中には

わたしの笑い声以外聞こえませんでした…

会場は満員に近いぐらい

8~9割ぐらいは埋まっているのにですよ

子どもたちは、きっと普段から

リアル妖怪ウォッチを観ているから

笑えないのかもしれません

もしかしたら、妖怪ウォッチの時計が

あれだけ流行ったのも、本気で大人達についている

妖怪を何とかしてあげたいからなのかもしれないと思いました

せつない…( p_q)エ-ン

そのあと、スターウォーズを観て

やっぱり内容がよく分からないですが

それでも起きてなんとなく観ていたら

敵のボスなのかなー?

黒いもじゃもじゃ頭の人の所に

敵の兵士なのかなー

ガイコツとツタンカーメンを足して2で割ったような

白くて、たくさんいる人(?)のひとりが

もじゃもじゃの所に

敵にやられたんだか、攻めて来たんだか

忘れましたが

何かよくない情報を報告にきたんですね

そしたら、もじゃもじゃが激怒して

フォース(?)らしきもので

そのガイコツくんを攻撃していて

わたしはそれがすごく嫌だったんですねー

だって、ガイコツくんは報告に来ただけで

直接、闘ってたわけじゃないし

別に悪くないのに

攻撃するのは八つ当たり以外の何物でもないと思うんです

(ガイコツくんたくさんいるから区別つかないけど)

あー、小学校の先生で、あーいう訳の分かんない

キレ方する人居たわー

すげー、不快なんだけどって思った瞬間

お腹が激痛で、慌ててトイレ行って

マッハのごとくの勢いの水下痢で

しばらく劇場に戻れませんでした…

スターウォーズが観れなかったのはこれか…

スターウォーズって古い男性性同士の争いの映画なんですね

そもそも何で闘ってんだかよく分かんないし

親子(?)とかでいがみあっていて、訳分かんないし

あー、分かる。分かる。

わたし、こういう感覚すげー嫌だったんだよ

いまでこそハッキリ理解できるけど

子どものころは、嫌だってことしか分かんなかったなー

だからかーって納得しました。

あー、わたしはスターウォーズが苦手で

面白いと思えないですが、

それも個性なので、人ぞれぞれだと思います

そして、週明け、妖怪ウォッチスターウォーズ

観客動員数で勝ったって聞いて、

象徴的だなーって嬉しくなりました

だってすごくないですか

劇場公開数は、倍以上違うのに勝てたんですよ(o^ ^o)

しかも、親子、孫とかの3世代で観に行く方が多いらしくて

ほのぼのしてていいですねー

それで、わたしはともかくダーリンの

スターウォーズの感想ですが

あんまり面白くなかったなーでした

最初に観たような感動はなくなったそうですが

世間のみなさまは絶賛しているそうなので

ダーリンの感覚が変わって来たのかもしれません

というのも、ダーリンは

去年の妖怪ウォッチの映画で初めて妖怪ウォッチを観て

すっかり気に入ったんですね

それで、でてくる

コマさんを気に入って

出典:http://www.inside-games.jp/article/img/2013/05/21/66668/375725.html

オレにそっくりだと言っているんです

確かにコマさんの

純粋で、疑うことをしらない所とか

すごく優しくて

人のために一生懸命何かをする所とか

びびりな所とかダーリンにそっくりだと思いますし

ダーリンの本質がコマさんなんだと思うんです

それに気付いたからなのか

スターウォーズをあんなに楽しみにしていたのに

それほど面白くなかったって言ってたダーリンが印象的で

やっぱり時代は変わったんだなーって思いました(o^ ^o)

きっとこれも

妖怪のしわざ

なんじゃないかなーって思います(・∀・)

世代交代の話しは、おとぴ家の5年戦争に続く