読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆古い男性性との闘いの終結~おとぴ家の5年戦争~②☆

ベランダの鳩3期生がいつのまにか

1羽いなくなっていて、ハートブレイクしている

さん☆おとぴです(;д;)

きっと、ベランダから落ちて

親切な人に助けてもらったと信じているわ

それで、おとぴ家の5年戦争の話

ちょいちょいダーリンとはケンカしているのね

最初のころは、姫対応だったし

滅多に怒らなれなかったんだけど

どうやら、最初のころ

何かの時に

わたしが手足をバタバタさせて

泣きながら嫌がっているのをみて

こいつ、やばい

大の大人がこんなに駄々をこねるなんて

頭がおかしいんじゃないかって

って思ったらしく、あんまり怒るのは控えてたみたい

でも、徐々にダーリンも怒るようになって

ちょいちょいケンカしているのね

わたしにはぐっとこらえるとか

そういう感覚が、もうないから

時にはわたしの友達の前でも大げんかして

ドン引きさせたのよ

人と仲良くしなくちゃいけないって思い込みがある人は

人がケンカしているのに耐えられないみたいだけど

ケンカしてても、仲良しなのよ

もうなんか理屈じゃないのよ

普段から、普通は言いにくいことでも

さらっと口からでてくるんだけど

言ってやるとか思ってないの

勝手に口からでてくるのね

でも、思ってても口から出て来ない時もあって

そういう時は、言ってはいけない時なんだと思う

相手になんでもかんでも、ぶつければいいってもんじゃなくて

人にはタイミングってあるのよ

時期じゃないのに、無理やりぶつけても

本人は混乱するだけだから

無理やり、相手を変えようとしちゃいけないの

そもそも、人は必ず相互作用の元になりたつし

エネルギー的に完璧に引き寄せ合っているから

怒る方も、怒られる方もケンカするのも、

その人に必要で怒るのね

例えば、なんか妙にイラっとする人っているじゃない

大人しくしているつもりなのに

やたらと人に怒られる人とか

そういう人は、その人がびくびく怯えているから

怒られる様な人を引き寄せたりとかね

それでね、旧世代の人って

頭で覚えた箇条書きでガチガチなわけよ

特に男性って、前時代では

長男信仰とかあったり、

男たるものって育てられているから

ガチガチなんだけど

昔は竹刀もったじじぃとかいたし

乾布摩擦で寒いのに無理やりきたえさせられたり

いたずらしたら、押し入れ閉じ込められたり

かなり恐怖して自分を封じ込めて

人の世にしたがえさせているのね

だから、ダーリンも怯えた所があったのね

でも、そのダーリンに時には激怒するわけよ

わたしも考えないで衝動のままに、怒っているから

よく分かんなかったんだけど

時には

お前ーーー!!

とか

貴様ーーー!!

って向かっていくの

ブログとかではダーリンが定着しているし

本人にも時々、そう呼んでいるんだけど

普段は、だいたい下の名前で呼んでいるんだけど

なんでか、怒ると時々

お前ー!!とか貴様ーー!!

が出てくるので不思議だったんだけど

どうやら、トラウマを癒すには

それと同じような衝撃が必要なことがあって

その衝撃を受けた時に

本人がそれを分かってあげるのが一番なんだけど

どうやら、本人が分からなくても

そばにいる人が分かってあげれば

それが伝わるみたいなの

だから、わたしはダーリンに対して無意識に

怒られた体験を追体験させてたみたい

そして、その度に自分だけじゃなくて

ダーリンのことも分かっていたら

いつの間にかダーリンがどんどん若がって穏やかになっていたのよ

勘違いしないで欲しいのは

じゃあ、わたしが追体験させてやるって

誰かをむやみと怒るのではなくて

自分を含めて、すべての人の幸せを願う気持ちがなければ

単なる、横柄なだけなのね

だから、どこかで自分を含めたすべての人の幸せを願う気持ちを

忘れないでいれば

時に、怒るような出来事があっても

あー、怒ってしまった。大人げなかったなーとか

それを悔やむのでなくて、

その互いの痛みを分かってあげられる人になれると思うのね

そんな感じの前置きがあって

わたしとダーリンの5年戦争の話しを読んでくださいね

つづく