読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆古い男性性との闘いの終結~おとぴ家の5年戦争~④☆

世代の話しが初めての方はこちらから

☆緊張から弛緩へ☆~しなやかに生きる遊びのある時代へ~

なんかさー、年末だからか

色んな特番あるじゃない

昨夜は、オカルトの特番やってたから

ダーリンが好きかなーって思って一緒にみてたの

そしたら、いつのまにか例のごとくガン寝

なんか、もうこのまま起きれないんじゃないかってぐらい

ぐったり寝ちゃうのよ

テレビはわたしにとって情報量が多すぎるみたいで

頭で理解できてないけど、色んなことを感じすぎて

疲れるみたい

寝たまま、テレビがついていると

すげー情報量でうなされたよ

ネットもそうだよ

見過ぎると、本当に疲れる

なんかねー

去年ぐらいからかなー

自他の境界線がどんどん薄くなってきている気がするのね

だから知らず知らずに前以上に

人の影響を受けやすくなっているのね

なんかネットもテレビも前はすごい観てたんだけど

依存症みたいな感じで、観始めると際限なくて

感覚が麻痺してくるのよ

年末年始で、面白い番組いっぱいやっていると思うけど

せっかく、惑星も順行でいい機会なので

だらだらとテレビを観るよりは、自分が観たいものだけ

厳選してみたほうがいいかもしれませんね(o^ ^o)

ではでは、古い男性性の話しの続き

****************************

ダーリンと一緒に暮らし始めて

とても優しくしてもらって

すごく幸せで不満はなかったけど

不満を強いてあげれば

ダーリンが時々、フリーズすることと

話が通じないことがちょいちょいあること

あと強いていえば、一緒に買い物に行くと

見るのに夢中になって、なかなか売場から離れないところ

子どもかーって思ってたよ

フリーズするのは、何カ所かポイントがあって

一番、多いのが

食事の時に、飲み物何がいいか聞いた時

グレープフルーツジュースと、お茶と、コーヒーとか

選択が複数あると、一言も発する前にフリーズして

1分後ぐらいに、「お茶」とか答えるのよ

最初、なんでフリーズしたか分かんなくて

冷蔵庫開けて待っているのに、考え中ならそういってって

いっても、フリーズしててね

急かすと、余計にフリーズしたり、たまに逆ギレするのね

毎日、そんな感じだったんだけど

数カ月ぐらいしてきたら、聞いた瞬間に「お茶」とか

頭の中で声が聞こえてくるようになってね

あー、これが俗にいうツーカーの仲なんだって思って

なんだ、この人、聞いた瞬間にちゃんと答えが決まっているのに

なんで言わないんだろうって思いながらも

お茶出して、待っていると

(本人はフリーズしているから気付いていない)

9割方、最初に聞こえたのを答えてたよね

どうやら、あと1割はお茶って思ったけど

食事との食べ合わせとかで、やっぱりコーヒーとか

変えているらしいって思って本人に聞いたら

「そうだよ」

「なんで、最初から決まっているのにフリーズするの。」

「食べ合わせとか色々と考えてるから」

「せめて、うーんとか考えているそぶりを見せてくれないと困る」

っていうと、なんて言ってたか忘れたけど逆ギレするんだよねー

あと、フリーズされて困るのが車の運転中

ダーリンが助手席にいるから、曲がり角で左見てーっていうと

10秒ぐらいフリーズしてから、「大丈夫」っていうの

車を運転する人なら分かるだろうけど

10秒って長いのよ

大丈夫だったものが、大丈夫じゃなくなるぐらい

車が来てるなら来てるって言ってっていっても

なんかちゃんと見てからじゃないと

危ないとかいって逆ギレしてたよ

10秒もフリーズされると返って危ないんだけどね…

いっぱいそういうことがあってね

この人はフリーズする人なんだって思ったの

なんか、びびりっていうか

夜に、青信号で車で渡ろうとしていると

右の5メートル以上向こうにいる自転車のライトに反応して

大声で「危ない!!」っていうから、急ブレーキ踏んじゃったわよ

見たら、5メートル以上向こうにいるし

こっちは青信号だし、ひくことのが難しい

むしろ後ろに車がいなかったからいいけど

急ブレーキ踏んだことのが危ないって、

わたしがすごい怒ったのね。そしたらダーリンが逆切れして

危なかったとか、言ってたけど

どうやったら轢けるか、それを教えてくれって感じ

それからは、この人はそうとうチキンハートなんだって

思ったのね

あとフリーズじゃないんだけど、

ひどかったのが、

ダーリンの家族一同ととんかつ屋に行った時

とんかつソースをみんなでまわしていて

わたしは自分のかけて、ダーリンに渡したあとに

キャベツにソースをかけ忘れたのに気が付いたの

ダーリンに、「キャベツにソースかけて

海老フライは、タルタルソースをかけるから

ソースかけちゃダメだよ」って、海老フライを指さしたら

そっこうで、海老フライにソースかけたのよ

わたしが、びっくりしてたら

周りの親戚が、きっとわざとだよーって

場をなごませてくれたけど

ダーリンは、指さされたらそれにかけるに

決まっているじゃないかとか

なんか意味分かんないことを

一生懸命言い訳をしてたよねー

他にも、あれとってって指さすと

あれが分からないみたいなの

指をさした先に、例えばリモコンぐらいしか

必要そうなものがなくても

分からないみたい

まず、この指はなんだろう?って気になって

その次に、指のさしている方角を真っ直ぐたどったら

テーブルだった

なんで、この人はテーブルをとって欲しいんだろうって思うんだって

なんか、ダーリンはフリーズしたり

こっちの意図が通じなかったり、

正直、アスペだと思ってたのね

でもね、わたしアスペっぽい人、好きなのよ

だから願ったり叶ったりなんだけど

好きでも、家で毎日、一緒だと時にはうざいし

困るもんだわー

そんな感じで、困ることもあるけど

他では、ラブラブで過ごしていて

3年ぐらいは、そんな感じだったかなー

ダーリンがフリーズする話をイリアさんにしたら

「それってすごく恐怖がかかっている感じがするわ」っていわれて

確かに、あの人すっごいチキンハートだし

そうか、そんなに怖かったのかって思ったら

前ほど、フリーズしてもイライラしなくなったの

本人にいっても自覚ないし

変に刺激しても逆ギレするから

心の中で怖かったねー。

もう大丈夫だよ。恐くないよって

よく語りかけてあげていたの

そうしたら、いつのまにか

飲み物の選択肢をだしても、すんなり応えるようになったのよ

そういえば、最初の1~2年ぐらいは

買い物にいっても、変にみるのに夢中になって

売場から離れないってことがあったけど

いつの間にか、なくなってたわ

あれも、もしかしたら何かの強迫観念だったのかもって思った

でも、そういう強迫観念があったから

没頭して研究ができたんだろうから、良い面もあるのかも

つづく