読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆今年は母親の呪縛がきつい人には辛い年になる!?☆

最近、謎解きしてるテーマが深すぎて

なかなか、解ききれないんだけど

小出しにしていこうかなーって思う

もともとは、制服600着盗んだ芸人の

異常な性欲について考えてたの

そうしたら、テーマがでかすぎて

まとめられないんだけど

こういう異常な執着ってたぶん母子関係から

来ているよなーって思うのね

そうなると

以前から何度か言っている

エディプスコンプレックスが大きな根っこひとつだと思うの

あと、前にいった

人の世にはびこっているもの

富み、チカラへの欲望、

所有、支配、嫉妬

こういったものって

古い男性性の象徴的なイメージなんだけど

前も言ったけど

1年ちょっとまえぐらいから

何度か

古い男性性の集合意識的なエネルギーと

話す機会があったんだけど

だいたい

「俺がすべて正しい」

「お前たちを許さんとか」

「この恨みいざ果たさん」

ていう主張を繰り返している

その感覚を解いていると

「お母ちゃーん。淋しいよー。

お母ちゃん。ぼくを見てよー」って行きつくのよね

すっごい、ワンパターンだなって思うぐらい

いつもこうなるの

中には母親がいない人とかもいるだろうけど

少なくても、誰かのおなかに

宿らないと生まれてこれないから

おなかにいた時の記憶とか

全く母親を感じたことがない人っていないから

基本的に誰しも母親を求める感覚があるのよ

(聖者クラスは別)

ビワさんはすべての病は母原病

母親が元になっているって

よくいうんだけど

確かに母子関係が元でこの世界ができあがっていると

いっても過言じゃないのね

あとね、最近、わたしが気になっているのが

親子関係による執着の感覚

その中でも特に母子関係の執着なのね

色んな執着があると思うの

過干渉の執着もあれば

単純に親が子供にあてにして、たかっているケースもあるし

親の愛情の欠如感を感じて

無意識に親にすごく執着していたり

そんなことを考えていたら

あることに気が付いたんだけど

去年の秋ぐらいから

調子を崩す人が増えたんだけど、

その人たちの大きな共通点が

母親の呪縛がきつい人な気がするの…

わたし何度かブログでいってるけど

母親の呪縛があまりない人なのね

だから、母親の呪縛がきつい人が

本人が自覚がなくても、分かり易いのね

別にわたしが特別なわけじゃなくて

人それぞれ千差万別で

それすらもそれぞれが選んだ個性だと思うし

みんながみんな呪縛がきつかったら

誰も違いに気付けないから

わたしみたいな人も必要だと思うの

結構、みんな小さい時から

当たり前に母親の影響を受けているから

分かってない人も多いの

でも、感覚的にはカラダに浸食するように

母親のエネルギーがこびりついてたりするの

こういう感覚が人の感覚を大きく狂わせるんだろうなーって思う

異常な性欲の話しはすでに

どっか行っちゃったんだけど

わたし的には、違う話ししているようだけど

根っこはすごく近い所にあるのね

もうひとつ気付いたのは

母親の呪縛がきつい人は

同じく母親の呪縛がきつい人に惹かれるってこと

類友なんだろうねー

同じ経験をしているから

参考になる点があるのは分かるの

でも、結局のところ

参考にしている相手も大きく感覚狂ってるからね

類友をみて、安心したい気持ちは分かるし

それを求めているなら、それはそれでいいんだけど

本気でそこから抜けたいなら

ちょっと離れてみて、

わたしみたいに母親の呪縛があまりない人の意見を

参考にする時期があってもいいんじゃないかなー

ちなみにそういう時は

両方併用するよりも、どちらか一方にしたほうが

差が分かっていい気がするよ

思いっきり母親の呪縛がきつい人を

参考にして、何か大きな問題が起きて

どんづまってから気が付くのも

ひとつの手だと思うし

それぐらいにならないと、気付けない気がするのね

たぶんねー

母親の呪縛がきついタイプの人は

最近、わたしのブログを見ると

あれこれ、色んな反応がでてきついんじゃないかな

でも、それはわたしが悪いんじゃなくて

あなたの中にあるものが、反応しているんだからね

自分と違う色のものを見ると

自分の色がきわだってみえるようなもの

同じ色の人たちの中にいれば

安心できるって長所もあるけどね

自分の色に気付けないって短所もあるの

それでなんでこんなことをいうかっていうと

今年は母親の呪縛がきつい人は

どんどんキツくなっていく気がするの

たぶんキツイのを隠すために

どんどん感覚を狂わせておかしくなっていくと思う

上でもいった通り

それはそれで、必ず何か問題が起こるからいいと思うの

ただ、せっかく問題が起きて方向転換のチャンスがきても

それが分からないと、またさらに違えて行くから

ひとつの指標として書いておくね

最近、色んなインパクトのあるニュースが多いけど

こういう母子関係の執着とか呪縛の結果が

どうなるかが浮き彫りになっている気がするの

去年の冬至に、旧世代の男性と新世代の

世代交代が起きたって言ったじゃない

だいたいその一年ちょっと前ぐらいに

古い男性性の集合意識と、上記のような会話をして

そのエネルギーが消滅していったんだけど

それが一年ぐらいかけて

エネルギーの結果として表れて世代交代が起きたの

たぶん、そのエネルギーバランスが崩れた影響が

旧世代の男性性を作った根である

母子関係に影響が及んでいると思うの

たぶん今年は古い男性性が強かった人が

変わって行く一年になると思う

それと同時に、古い執着的な女性性が今年変容していく

だから、いままでは無視できたような

深いレベルの母親の影響が浮き彫りになる一年になると思う