読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆痛みの連鎖と蔑まれ虐げられた女性性のはなし③☆

それでね、なんでこんなことが起こったかというと

やっぱり最近、さぐっていた

古い時代の母性が関係しているんだなーって思ったの

前時代って男尊女卑で

特に旧世代の男性像って

父親がすべての権限を持っていて

母親はそれに従っているって感じ

もちろん、そうじゃなくて

穏やかなおじいちゃんも中にはいるけど

結構、めちゃくちゃな理屈でキレるじじいも多い

それでなのか、旧世代の女性を感じたら

不平不満だらけで

どうしてわたしばっかり

わたしばかりのけものにして

こんなに、わたしがしてあげてるのに

って感じなのよ

とりあえず、感じるのは

とにかく淋しいんだなーって思うの

あれこれ、家族のためにやっても

相手を感じない一方的なものも多いし

当たり前のように、世話を焼き過ぎて

感謝もされないけど、やらずにはいられなかったりする

もう、それらが当たり前になっているから

自分が自分の首を絞めているのも気付かずに

やり続けて、さらに苦しくなって

不平不満だらけで、子どもにたかったり

子どもに対しても同じように、することを押し付けたり

どうして分かってくれないのって感じなんだろうけど

自分で自分が分かってないから

分かってもらえないのは当たり前なんだけど

とにかく淋しいんだなーってのと

すごく蔑ろにされている感覚とか

すごく蔑まれているような

否定されている感覚が古い時代の女性性には強くある気がするの

まー、たぶん上の世代から

一方的に命令されて

俺がすべて正しい

お前は俺のいうことを聞けばいいんだって言われて

育ったから仕方ないとは思うんだけど

たぶん、それだけじゃなくてね

そういう感覚の女性が子どもを育てると

子どもにもそういった感覚が連鎖するわけよ

だからなんだか、分からないけど

人から否定されている感覚が伝わるから

知らず知らずのうちに否定されている感覚が

自分にこびりついているのよ

だから、より自分の正しさを証明しようとして

自分と違うものを否定したりとか、

ダーリンがキレた時みたいな

俺が正しい

なんで、俺のいうことをきかないんだってなるんだなーって

いうのが分かって来たの

うーん

前時代はね

それでも、形にはまって目上の人にさからってはいけないとか

色々と決まりがあったわけよ

でも、そういった形がゆるんできた世代からは

意味不明過ぎて、それの粗がすごく見えるんだなーって思う

それで、すごく納得がいったんだけど

わたし色んな人の自己顕示欲がすごく不思議なのね

そうはいっても、わたしも前はそうだったんだけど

理解できてないであろうことでも

素直にそれを認められずに分かった風な気になっていたり

自分の正しさを主張して、相手を排除しようとしたりとか

そういう人が多いの

人はどうしても、人を否定することで

自分を保つところがあってね

何か問題が起きた時に、それを相手が悪いからだと

一方的に否定するのが好きなのね

だけど、物事っていうのは

必ず相互関係のもとに成り立つから

自分に全くひっかかるものがなければ

仮に問題が起きても

その問題に気付きもしないのよ

だから、何かあったらとりあえず

自分を感じてあげてほうがいいのね

だけど、だいたいの人は

とにかくなんでも人のせいにするのが好きだね

マウンティングとか、クソバイスとか

そういうのも結局、自己顕示欲の強さから

やるんだなーって思っているし

何度も言っている

人の世を狂わすもの

富、チカラへの欲望

所有、支配、嫉妬と

それらからくる執着の感覚

こういうのも結局は自己顕示欲なのよ

とにかく前時代のおいては

まるで子どもは自分の所有物のように

自分に従えていうことを利かせたりして支配していたし

それがどこから来るのか不思議だったんだけど

上の世代の中にある、女性が虐げられた感覚とか

否定されてきた感覚の中で子どもを育てるから

無意識に否定された感覚が伝わるからなんだっていうのが分かってきた

そういうのに気が付けたから

ダーリンが激怒したことも

必要だったんだなーって思えたし

きっと、必要なタイミングでまた話せるようになるだろうなって思ってたの

つづく