読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents シンいのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆古い時代の正しさを主張する人たち☆

└☆人の世のしくみ☆

それでねー

ゼロって人の世の象徴っていいますけど

ゼロが好むストーリーってあるんですよ

それすらも人の世の縮図のような印象があるんです

わたしが繰り返しいっている

無理やりポジティブシンキング

も人の世の大きな癖のひとつである

正しくあらねばならない

っていうことの変化バージョンな気がするんです

なんか、ビワさんとかイリアさんとか

知識がすごいし

たくさん色んなことを教えてもらって

すごく勉強になったし、感謝もしているんですが

あのお二人も旧世代の方なので

旧世代の方の特徴がよく出ている時があって

お二人を通して色々と学べたのもあるんです

そのひとつに、ビワさんと話していると

ビワさんがよく必殺手のひら返しをするんですよ!

たとえばね

ビワさんがAっていって

わたしがBっていって意見が分かれるじゃないですか

わたし面倒臭がりなので

だいたいの時は

なんでもいいですよーっていうのに

意見を主張するってことは

それだけ重要なことだからなんです

でも意見が合わなくて

結果、Bだったときに

ビワさんが

「やっぱりそうだと思ってたのよ」って

当たり前のようにいうことがあって

「はぁ、全く違うこと言ってたじゃないですか」

「エネルギー的には同じなのよね」とかいうので

ビワさんのことを十枚舌とか(二枚舌は遥かに超えている)、

メギツネって呼ぶことがあったんです

まぁ、確かにそのやりとりの中で

色々と気付けたので、それはそれでいいんですし

その間に、わたしの感覚が変わって

同じBでも、違う感覚になっている可能性もあるとは思うんですが

この話をすると

うちのお母さんもそうだよっていう人がいたので

必殺手のひら返しは

旧世代の女性の特徴みたいです

たぶん正しくなければならないっていうのが

強すぎて、仮に間違っていても

自動的にそれが修正されるんだと思うんです

これってものすごく恐怖してつけた癖なので

ある意味、強迫観念みたいなものなので

本人にそれを突きつけても気付けないと思います

それがね、いつの間にか

ビワさんとこういう風に意見が割れることがなくなったんです

わたしが変わったのも大きいと思うんですが

わたしの印象だと

20歳の呪縛のはなしなんかで

前にも言ったと思いますが

下の世代が道を誤りそうになると

上の世代の人が、無意識に色んな手法で

それを正そうとして、やってくるんです

それは一見すると

邪魔されているような感じを受けますが

でもこっちが調子がいいとそういうことが起こらないので

無意識に上の世代の癖を総動員して

それを教えてくれるのかなーって思います

だから、上の世代の人の癖にムカつくこともありますが

それすらも自分故に起こっていると考えて

受け容れていくと、自分を正せた時に

自分も楽になりますし、

上の世代も楽になれるので

正しさを主張する必要がなくなるんだなと思います