読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆木の芽どきのはなし☆

相変わらず、話したいことは山のようにあるのですが

どれから話せば、伝わり易いのか模索中ですちゅー

 

 

伝えたいことは次々、出てくるので

どこかで、見切りをつけて

自叙伝の続きも書きたいので

思いつくことから、伝えて行きますねニヒヒ

 

 

たぶん、3月9日の日食の前後から

調子を崩している人

落ち着かない人が多いと思います

 

 

日食パワーがすごかったから

仕方ないんですけどね

 

 

なんか、最近、そんなことばっかり言っていて

結局、なんだかんだでいつも落ち着かないんじゃないかって

気もしますが、細かくいえば、それぞれの時期で

落ち着かなさの種類が違うと思いますし

それぞれの時期に、それぞれの人に

似たような出来事が起きているようなので

テーマみたいなものがあるみたいです

 

 

それで、今度は数日前から

春分の日以降のエネルギーが染み出してきているようです

 

 

なんか、浮足立って落ち着かない感じ

 

 

あー、木の芽どきって変な人が増えるっていうじゃないですか

あれって、本当なんですよ

 

 

精神科で勤めている時に

春先になると、妙に落ち着かない人が増えていて

みんな、冬眠から目を覚ますような感じなのかなーって思ってました

 

 

だからね、妙に落ち着かない人は

無理に落ち着こうとすると

返って変になることも多々見られるので

そういう時期なんだって知ってあげると

少し気が楽になるかもしれませんウインク

 

 

それでね、ここ数日、感じていることは

自他の境界線がいっそう、

薄くなって来たんだなーって印象があります

 

 

わたしは元々、人の感覚でも自分のもののように

感じてしまう体質ですが、

それがいっそう強く感じるようになってきました

 

 

たぶん、わたし個人の出来事というよりも

全体的にそうなっていると思います

 

 

なので、本当は怒っているのに

平然としようとしても相手になんとなく伝わるし、

それが伝わって相手が自分が怒っていると

錯覚して怒りだすかもしれません

 

 

小さな子どもなんかはそうですし

多くの大人も気付かないようにしているだけで

本当はわたしと同じような能力を持っているんです

 

 

だけど人は本当に、

自分の感覚と他人の感覚の区別がついていないんです

 

 

たとえばね

今朝、ダーリンとお散歩でコンビニに行ったんです

 

 

そうしたら、買い物終わってレジの前で財布をしまっていたら

わたしが邪魔だったらしく、男性がわたしに舌打ちしたんですね

 

 

その瞬間、イラっとしたのと、カラダが硬直したというか

緊張している感じでカラダが重くなったんです

 

 

なに、あの人…ってイラっとしましたけど

 

 

すぐに、あれ?わたしおかしくない

なんで、こんなに緊張してカラダが重く感じるの

これわたしの感覚じゃ、ないよね。

あのおっさん、ずいぶん、せわしなく緊張しているなーって

冷静に相手をみれたら、イラっとする感覚もスッと治まりました。

そのイラっとも、相手のものを感じてしまっていたんですけど

とっさに、自分のものだと勘違いしてしまうこともよくあります。

 

 

こういう時は、冷静に相手をみれれば

相手の感覚と自分のものを見極めることと

治まることが多いんですが

たぶん、だいたいの人は区別がつかないので

自分の中の何かと引き寄せあったからだと

自分を感じてあげて、自分の感覚にヒットすれば治まります

 

 

忙しいと、いちいち感じてられないかもしれませんが

そうして忙しさをいい訳にしていると

感じたくなくて、より忙しい状況を創り出すこともあるので

トイレに入った時とか、少しでもいいから

それを感じているご自分のことや

ご自分のカラダことを思い出して感じてあげてください

 

 

このおっさんに、舌打ちされた話なんかは

日常の中にある、些細な出来事なんですが

これ、色んな側面があって

 

 

基本的に、エネルギー的に引き合うものがないと

こういう出来事って起こらないんですが

それだけじゃなくて、冷静に相手を見れるようになってくると

まるで、いままでの自分を教えてくれるように

出来事が起こることがあって

これも、人と人とがこれほどまでにエネルギーの

影響を与えあっているというのをみせてくれたんだと思います

 

 

(単純に、わたしが浮足立って落ち着かないから

こういうせわしない人と引き寄せ合ったのかもしれませんが)

 

 

もし、これが自分がイライラしているのに

気付かないで、こういう人と遭遇すると

相手のイライラが発端になって、イライラが止められなくなったりします

 

 

いや、別にイライラしてもいいんですよ

そこで、イライラを発散して解放するきっかけになりますし

イライラを発散しながらも、どこかでわたしがイライラしてたから

こういう出来事を引き寄せたんだって

自分の気持ちを受け取ってあげることが大切なんですね

 

 

そこで、それをしないで、すべて相手が悪いで終わらせると

どこまでたっても、自分も相手も誰も救われない世界のままです

 

 

あとね、人は無意識にこうして傷つけあっているんです

 

 

舌打ちした人みたいに、イライラしていると

それがまわりに伝わるし

そもそもなんでイライラしているのかっていうと

細かくいえば、それぞれ個人的な理由があるでしょうけど

究極的な理由は人がありのままの自分を生きれずに、

緊張して、恐怖しながら生きているからなんですね

 

 

そういった緊張感や恐怖から、痛みの連鎖が起きて

どこまでも続いているんです

 

 

舌打ちなんかは、明らかに相手に

ムカついて相手に向かってやっているじゃないですか

そういうのって、相手にエネルギー的に

攻撃しているようなものなです

 

 

見えない感覚の世界のことですから

知らず知らずにみんながやっていますが

こうして人と人とは見えない世界でも傷つけあっています

 

 

だから、いつもいっているように

気付ける人から、その連鎖を終わらせないといけないんです

 

 

それで、話しは戻って

自他の境界線が薄くなってきているということは

いままで、水面下でこういうエネルギー的な

傷つけあいが行われていて

気付かないように感覚を消せていたものが

隠しきれなくなるということです

 

 

舌打ちした人に一瞬、引きづられそうになった

わたしじゃないですが、相手の感情に振り回されやすくなると思うので

より自分という感覚を

しっかりとつかまえていかないといけなくなると思います

 

 

 

他には、春分の日以降の変化は

より古い時代の女性性の影響が

浮き彫りになっていくだろうなーって感じに思います

 

 

 

とにかく、どんな時でもご自分のこと大切にしてあげてくださいねおねがい

 

 

 

申し込み不要のおとぴのおはなし会 in 東京 

3月27日(日)、4月29日(金、祝)予定

ちなみに4月の告知はまだしてませんが、3月と同じ場所の予定です

☆3月のおとぴのおうちお茶会&おとぴのおはなし会in東京のお知らせ☆