読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

家族への悔しさと恨み

春分の日強烈でしたねー

 

 

なんか、春分の日の数日前から

変に浮足立っているって言うか

妙な印象の人が増えていて

ふと、あれ?彼岸の入りだから?って思ってたんです

 

 

毎年、お彼岸には実家へ行って

お墓参りには行ってますし

エネルギーの変化が大きいので意識してますけど

特にお彼岸の入りとか気にしてなかったんです

 

 

明日でお彼岸が終わりらしいんですが

明日は満月で半影月食っていって

肉眼では観測しづらいけど

月食らしいです

(調べたら注意深く観察すれば分かるレベルらしい)

 

なんか、今回はこのお彼岸の一連の流れで

大きな解放がある方が多いと思います

 

 

*********************

あー、そうだ話は飛びますが余談です

忘れないうちに書いておこうっとおねがい

 

 

そうそう、3月9日の日食のときに

日食一覧見てて驚いたんですけど

2020年は夏至の日が金環(部分)日食らしいです

しかも日本で広範囲にみられるらしいです

 

 

夏至の日の強烈な太陽で日食って

猛烈なパワーだと思うんです

 

 

それで、その夏に東京オリンピックがあることを考えると

そのころには、いまとは全く日本が変わってるだろうなーって思います

************************************

 

それでね、ちょっと前は人から

「恐い」がすごく聞こえて来ていたんです

 

 

だけど、お彼岸の入りあたりから

「悔しい」がやたらと聞こえるようになったんです

 

 

詳しく話すと、ちょっと長くなってしまうので

手短に話すと、とんでもないレベルで人が変わって来ているんですね

 

 

3月9日の日食のころは

戦争体験した人や、それで亡くなったたましいたちが

強烈に癒されてたみたいです

だから、古い世代の戦争を経験された方で

エネルギーに敏感な人なんかは体調崩してたみたいです

 

 

 

それで、またまたすごい深いレベルのものが

どんどん浮上してきていて

ここ数日のテーマは悔しさですね

 

 

 

もう去年では考えられないほどの

強烈なパワーとスピードです

 

明日は満月、しかも月食なので

余計にそういう感情がでやすいと思うので

チャンスとばかりに感じたり、出しまくったりしてみてください

 

 

わたしが以前、相手と同じ土俵で闘わないでくださいとお伝えしたので

怒りを我慢してしまおうとする方もいらっしゃるようですが

時には相手にはぶつけてもいいと思います

 

 

人は一辺倒ではないので

同じ土俵で闘わないで、引いて相手をみて

自分を分かることで、落ち着くこともある

 

 

時に、我慢して来たものを相手にぶつけることで

打破できたり、その時に口からでてきた言葉で

ふと気付けることもある

 

 

せっかくの機会なので、チャンスがあれば出してみてください

 

 

物には程度があるので

犯罪レベルで発散されるのはダメですが

人は必ず相互関係の元に現象が起こるので

どうしても怒りたくなった時は

相手にもそれが必要だからなんです

 

 

特に家族に関しては溜め込んでいるものがあると思います

 

 

人間関係って、家族との関係が基礎になって

のちの人間関係に反映されるので

家族に言えなかったこととかを

代わりの人に思ったり、ぶつけたりするんです

 

 

だけど、最近はエネルギーがすごすぎて

その核である家族への想いが浮上しやすくなっているので

前に比べたら、すごい近道ができるようになりました

 

 

家族へのわだかまりが解消されれば

他の人間関係もすごく楽になると思います

 

 

それで春分の日に、お墓参りで実家に行ってたんですけど

両親がケンカしていて、口を聞いてなかったんです

(お墓は実家から徒歩圏内)

 

 

面白いことに、うちの母は仏のように素直で優しいのに

父に対しては違うんですねびっくり

 

 

母をみていると、夫婦って本当に深くて

表面的には理解できないことがたくさんあるんだなーって思います

 

 

それで、ケンカしているのは

母の方にわだかまりがある感じがして

 

 

正直、すっごい父のことを恨んでるなーって

ふと感じたんです

 

 

どうしても、育児に協力的な世代な人じゃなかったですし

祖母の面倒をみたりとか、浮気されたりとか

色んな不満があって大変だったと思うんです

 

 

母はパートをしながら、本当に苦労して来たと思います

 

 

だけど、世代的に女が耐えるもの

そういうのをやるものだとみんなが思い込んでいて

それを女がやるのが「当たり前」だと思うこともないほど

当たり前に女性がそういう風に我慢してやってきていたんですね

 

 

だけど、実際はとんでもなく大変だったと思うんです

そういうわだかまりがあって

普段なら優しく返せることでも

疲れている時とか、話しかけられると

潜在的にそういう恨みがあると、無意識にイラっとすると思うんです

 

 

長い年月一緒だったから、

恨みや怒りが溜まっているのは仕方ないと思います

 

 

せっかく解放できそうな感じだったので

母に説明したら、

 

 

「本当だー。確かにすごく恨んでる。あの時も、あの時も」って

思い出して納得していました

恨んでいることを気付かずに、接するのと

理解しているのとでは、それだけでも全く違うんです

 

 

自分で分かってないと

知らず知らず、色んな所で

ふとした時に過剰に反応したりとか

その潜在的な恨みが色んなところで気付かずに作用します

 

 

なので、理解するだけでも違いますし

自分で自分の想いを分かってあげたらもっと違います

 

 

とりあえずあの時、悔しかったって

色々思い出したり、書き連ねて

それを自分で分かってあげたり

相手に直接、言ってもいいと思うんです

家族なんだから、遠慮して距離をとるよりも

時にはぶつけあうのも大切だと思います

 

 

わだかまりがあって、分かり合えないままで

人生が終わるよりも、

チャレンジしてみるのもいいと思います

 

 

とりあえず自分でそのことを分かるだけでも

だいぶ違ってくると思うので

そうやって自分で自分のわだかまりを理解してあげると

そのわだかまり故に見えなかった

相手への愛おしさとか見えるようになってきたり

恨んでいる状態だと、都合が悪いので

良い記憶とかも消していることがあるんです

 

 

楽しい記憶がふと甦ってきたりもしますよ照れ

 

 

そうして本当の意味で繋がり合える

家族がたくさん増えたらいいなって思います

 

 

 

 

 

 

申し込み不要のおとぴのおはなし会 in 東京 

3月27日(日)、4月29日(金、祝)予定

ちなみに4月の告知はまだしてませんが、3月と同じ場所の予定です

☆3月のおとぴのおうちお茶会&おとぴのおはなし会in東京のお知らせ☆