読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents シンいのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆肉体の実感という幻想☆

├☆感覚の話☆

あー、そうそう

春分の日の少し前に

前だったら、イラっとしたようなメールとかコメント見ても

前ほどムカつかなかったって話をしたんですが

☆はなしが通じない人たち①☆

 

 

そういえば、春分の日

元旦そうそう度肝を抜かれた↓の話のいとこに会ったんです

 

 

☆元旦から度肝をぬかれた話&今年の目標☆

↑には、父がいうには制服盗んだ芸人さんと

月に4~5回ぐらい会ってたんじゃないかって

言ってましたが、本人がいうには多い時で2週に1回ぐらいらしいです

 

 

たいしたこと聞いてないですし

いとこの仲間内で誰も気付いてなかったらしいですけど

聞いた内容はブログに書いていいか分かんないので

書けませんが、いとこもかなり複雑な心境らしく

向こうから話して来たので話を聞いていたんです

 

 

その時は気にせずに、普通に話を聞いていたんですが

いま、思えば、お正月にはスーパーサイヤ人になる勢いで

怒ってたのに、全く腹が立つことなく、普通に話が聞けたんです

IMG_20160107_181045936.png

これぐらい怒っていた

 

 

もちろん犯罪はダメですけど

あの時は、何にそんなに腹が立ったか

いまとなってはよく分かんないです

 

 

確かにね、制服盗まれた女子高生が気の毒ですし

罪は償った方がいいと思いますが

こういうのって、もっと根本的な深いものが潜んでいる気がします

 

 

その後に

母親の呪縛とか、古い時代の女性性のもつれた

結果が色んな事件になって表れている気がするって書きましたけど

本当にそうだと思うんです

 

 

犯人を擁護するつもりはないですが

結果だけ非難しても、何も変わらない気がするし

そういう人がこの世からいなくならないと思うんです

 

 

前に、ビワさんにこのことを話したら

 

「ずいぶん、母親との傷が深いのね」って即答で

 

 

「お友達たちにも秘密にしてたってことは

それが悪いことだって自覚があるわけだから

秘密にしているの

なのに、それがやめられないっていうのは

ある種の、強迫観念みたいなものだから

やめようとさせたり、非難してもやめられない

 

 

それよりも、もっとそれの根本の根にあるものを

解消してあげないと、治らないわよ」ってことを言っていて

 

 

確かに、そうだし、他のことでならわたしもそう思うけど

流石に変態に対して、なかなか俯瞰した視点で見れなかったけど

ビワさんは、いつでもぶれることなく

そういう視点でみれているから、すごいなーと思いましたポーン

 

 

だけどね、その後、あれこれ

古い時代の女性性のこととか解いていたら

いつの間にか、全くそういうのに腹が立たなくなったんです

 

一番、大きかったのは

古い時代の女性性が怖くなくなったこと

そして人の世が怖くなくなったことだと思います

 

 

結局のところ、その変態さん個人に怒っていたっていうよりも

そういう古い時代の生き方によって潰れたしまった人々に対して

思う所があったんです

 

 

上に書いた変なコメントとかメールもそうなんですけど

そういう人をみると以前は無性に腹が立っていた

 

なんで腹が立っていたかというと

「そんな生き方をしてたらダメだよ。

もっと自分を大切にしないとダメだよ」ってことみたいです

 

 

もっと突き詰めたら

「そういう生き方をしている人たちに対して

何もできない自分」に腹を立てていました

 

 

それが分かったら、すごく楽になったんです

 

そうなると、本当にビワさんのいう通りだなーって思います

 

 

この変態さんに限ったことじゃないんですよ

 

 

人があまりにも傷付き過ぎているし

もっと問題なのが、あまりにもみんながみんな

当たり前に傷ついているから

本人たちがそのことを自覚していないこと

 

 

そういった、痛みがもう抑えきれなくて

ここに来て、信じられないほどの勢いで

それぞれの方に浮上してきています

 

 

人は深い傷ほど、感覚を消してなかったことにしているから

たぶん、ほとんどの方、自覚がないと思いますが

最近、色んな心身の不調とか、

人間関係とか色んなトラブルが起きているとしたら

こういう根にある、痛みが原因です

 

 

一方で、エネルギー的な世界では

苦しみも悲しみもない

喜びしかないような領域に入って来ているんです

 

 

わたしも、だいぶその領域に入って来ているようで

以前が嘘のように、外側の色んな刺激に対して

腹を立てることがなくなりました

元々の、わたしの共鳴しやすい体質があるので

相手の物を受け取って、カラダに色んな症状は出ますが

それすらも共に生き合える喜びであって

経験させてもらえて、色んな人や色んな出来事を

みせてもらえることに、とても喜びを感じますちゅー

 

 

 

ですがまだ多くの人たちは

こういうエネルギーの世界での変化を知らずにいて

肉体に溜まったさまざまなエネルギーの癖が

それを感じさせないようにしている

 

 

ビワさんたちがよく言うんですが

どうしても苦しいとか悲しいとか

肉体的な実感があるじゃないですか

 

 

人はそういった実感が好きで手離せないんです

 

 

外に向かっている人って

そういう目で見えるものであったり

実感を伴うものがとにかく好きなんです

 

 

苦しいって実感があると、頑張っている自分を実感できるし

人にも証明しやすいので、より強い刺激を外に求めがちになりますね

 

 

苦しみだけじゃなくて、

楽しさとか幸せを外側に証明することも同じことですよ

 

 

それをすることで、幸せな自分になっているつもりになれたり

人から羨ましがられたり実感があるからやめられない

 

 

わたしがよく例に出す引き寄せの法則もそうです

 

 

基本的に、すべては整えられ与えられているので

願えばやってくるのは当たり前のことです

 

 

それはそれは、1秒の狂いもなく

性格に物事はやってきますし

いったい、この世界ってどんな仕組みになっているんだって

不思議になるぐらい、ピンポイントで叶ったりしますが

本来、この世はみんながテレパシーのようなもので

繋がっているし、願いは時空を超えて届いているので、

時には願う前に、相手の願いを時空を超えて予知するようにキャッチして

無意識に互いの願いをかなえるべく行動して

互いの役に立っているんだと思います

 

 

これは知っている人だけではないですし

知らず知らずに、無意識に行動して

誰かの願いを叶えているかもしれません

 

 

頭で考えるとすごく不思議なことですが

すべてはエネルギーで引き合うし

人と人とは活かし合い、助け合うものなので

それが自然な本来の人としての生き方です

 

 

本当は願いが叶ったっていう結果よりも

こうして互いの役に立ち

互いに喜べる、そういう人と人との繋がりのほうが

わたしはとても幸せに思えます

 

 

だけど、多くの人は

そういう経過における喜びを感じず

外側の目に見える結果だけを見てしまうので

きっと願いが叶ったっていう実感を

求めているんだと思いますが

そればかりやっていると、事柄に囚われてしまうので

結局、外側を生きていることになるので

一時の満足にしか過ぎなくて、また次へ次へと求めてしまうと思います

 

 

前はそういう時期も必要かと思ってましたが

いまのこのエネルギーだと

一時的に楽しいような錯覚はあるかもしれませんが、

結局、余計に苦しくなるからやめたほうがいいと思いますよ

 

 

そうやって外側に気を取られるよりも

いまはとにかく、自分のうちへ向かって

自分の本当の気持ちに素直になったほうがいいですよ

 

 

この世には多くの人が忘れてしまったけど

もっとエネルギー的に繋がり合い

互いに生き合い、喜びあえる

本当の意味での幸せがあるんです

 

 

子ども達や、動物や植物、自然はそういった中で生き

共に喜びの中で共鳴し合っています

 

 

そういった本当の意味での喜びを思い出してください

 

 

前もいいましたけど、インディゴ前期より下の世代って

若くなればなるほど、エゴがあまりなくて

物・金にそれほど興味がない世代なんですね

 

 

もちろん物も金も悪いものじゃないし

必要なんですが、それを目的として生きてないんですね

それよりももっと感覚的な喜びを主として

それに付随して、物金が必要であれば、求めるという感じだと思います

 

 

だけど、人の世のエネルギーを受けて来て

多くの人が、自分を違え、自分の望みを誤解しているんです

 

 

しかも、それらのほうが実感があるから手離し辛い

 

 

だけど、信じられないような時代が来たんですよびっくり

 

 

前はわたしがいっている内的感覚をとらえるのって

大変だったんですが、いまはそうじゃないんです

 

 

前は、自分の中にある恐怖とか超えるのって

至難の技だったんですが

いまは、それを決めれば、それを超えさせてくれるような

トラウマの追体験のような出来事が自然と起こるようになっています

 

 

だから、多少の恐怖はありますが

それを経験できることですら生きている喜びなので

自分自身のために、すべてのために

「肉体の実感という幻想を超える」

そう決めて、生きれる人が増えるといいなと思います

 

 

そうやって生きれる人が増えれば増えるほど

この世は平和になっていきますよ照れ

 

 

 

 

さてと、このあと、セカオワのライブに行ってきまーす(・∀・)

そうとう前の席が取れたから楽しみなり

ついでに新ゼロの人たちを観察して来ますおねがい

 

 

 

 

 

 

 

申し込み不要のおとぴのおはなし会 in 東京 

3月27日(日)、4月29日(金、祝)予定

ちなみに4月の告知はまだしてませんが、3月と同じ場所の予定です

☆3月のおとぴのおうちお茶会&おとぴのおはなし会in東京のお知らせ☆