読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆自分を助けてあげること☆

こんにちは、おとぴです(・∀・)

 

般若のエネルギーのことが分かって

あー、物ごころついたころから

人が恐く感じてたのは、これだったのかって、すごく安心しました爆  笑

 

怖くて顔を見れないで、無意識に逸らしてしまう人がいたり

時々、なぜか嫌な時に嫌って断れない人がいたりしたんです

あとで振り返ると、すごく不思議なぐらい無意識に相手に同調して

相手を持ち上げたり立てるようなことをしていたりする自分に

腹を立てたこともありましたが

きっとこのエネルギーが恐すぎて、恐いということも感じないように

感覚消していたので、不自然な行動をしていたんだって思います

 

 

わたし、10代のころものすごく気が強かったんです

 

すごくイライラしていたし、人にも食ってかかっていました

きっとこういったエネルギーがすごく恐いし、

それに自分が取り込まれていくのも怖かったんです

 

 

般若もふくめて、人の世のエネルギーを

だいぶ見切ることができたので、本当にすごく楽になりました

 

 

わたし人が好きなんですよ。好きで好きでたまらないんです。

 

 

これは、わたしにとって当たり前すぎる感情なので

小さい頃は、人が好きだっていう自覚もないままに

行く先々で、誰彼かまわず人に話しかけていました

 

 

でも、いつのまにか人に対して警戒心が出来て

人見知りになってしまったけど

その警戒心を解くためにも、自分自身のことも人のことも知りたかったんです

 

 

わたしは人が嫌いだったんじゃなくて

その相手の中にある、般若を含め人の世のエネルギーの感覚

それが嫌だったんだって、感覚を分けることで

むやみやたらと人を嫌わずにすむので嬉しいです

 

 

いや、別に人を嫌ってもいいんですが

人の何かひとつの側面が嫌だったとしても

それが相手のすべてではないと思うんです

だから、何か嫌なことをされたからって、

相手のすべてを嫌わないでいいと思うんですが

なにせこの般若エネルギーはものすごく恐いので

まるで相手のすべてを否定したくなるような勢いで避けたいんです

 

 

まぁ、般若も一種の妖怪みたいなものなんですよ

ほとんどの人がそれに知らず知らずにとりつかれている

 

 

すべては妖怪のせいですね

(ただ言いたかったんです)

 

とりつかれた本人も感覚消していて気がつかないけど

本当はものすごく苦しいと思うんです

 

 

だから、誰かがそのことに気がつかないと

そのことを終わらせられないんです

 

 

わたしもまだどこかで人に対して警戒心があったんですが

そのことが分かったから

ようやく、あの頃の純粋に人が好きだった感覚を思い出せそうです

 

 

感覚を思い出せそうっていっても

当時のように誰彼かまわず話しかけたいわけではないんです

 

 

大切なのは行動ではなくて、その感覚であり状態なんですね

 

 

幼いわたしにとって、人が好きだっていう感覚が

誰彼かまわず話しかけるっていう行動を起こしていたので

必ずしも行動が大切なわけではないです

 

 

繰り返しいいますが

大切なのは、

感覚であり、状態なんですね

 

 

あの頃の、警戒心なくまっすぐに人を愛していた感覚

 

 

わたしはずっとその感覚を自分の中で探しています

 

 

ただ、生きてきた経過の中で潰してきた感覚も大きいから

まずそれらを解いてあげていかないと、

最初にあった、まっさらなわたしの想いも見つけられないんです

 

 

それでね、自分解きをする中で感覚を分けるって大切なんです

 

たとえばね、わたしだって般若ってる時はあるんですよ

 

でも、感覚を消して感じないようにしていると

その自分を捉えられない

だから、まず消していることに気がつかないといけないんです

 

こういったことがあるって、知ることで

自分もそれをやっていることに気が付くことができる

 

 

気付いても、その行動をやめようとしてもやめらないんです

 

 

行動ではないんです。

それを起こしてしまう感覚が自分の中にあるから

人に対して、変に押し付けるのやめようとか頑張っても

自分の中の感覚が昇華されていない状態だと

他のところで、その感覚がでてしまいます。

 

 

どんなに自分は穏やかにそうに見せても

感覚は内側で起こる反応なので、無意識にでてしまって

目に見えなくても、

明らかにその人が放つ威圧するようなエネルギーがあるんですよ

 

 

大切なのは、

人にやられたことは、必ず他の人にやりかえしてしまうってことです

 

 

だから、人にやってしまうってことは、

どこかで自分がそれをやられたことがあるから

 

 

それをやられて、

すごく怖かった自分を感覚消してなかったことにしているので

少しずつでも、振り返ってその自分を分かってあげないといけないんですね

 

 

大丈夫ですニヤニヤ

その自分を知りたい、その自分を解きたいって願えば

必ずチャンスが与えられるので

何か、出来事が自然と起こってきますよ

 

 

それは、自分のトラウマを想起させ、恐怖するようなことでもあるので

一見、すごく不幸が降って来たようことかもしれません

 

 

すごく恐い体験が起きた時って

人は恐いからすぐにそれを何とかしようとしたり

恐すぎてなかったことにしたりします

 

 

でも緊急時は別ですが、そうでなければ一呼吸置いて

自分に「恐いね。」って話しかけてあげてください

 

 

そして、もしかしたら小さいわたしはこんな恐い想いをしていて

その追体験で、起きているのかもしれないってご自分を感じて

自分に、「ごめんなさい。許して下さい。ありがとう。愛している」って

ポノってあげてください

 

 

人は人に対しては親切に声かけたり、気遣えるんですが

自分にはそれをなかなかしないんですね

 

 

でも、ものすごく怖い想いをしている人がいたら

助けてあげたいと思うでしょう

 

 

その助けてあげたい人は、本当は自分の中にいるんですが

それを見ないようにして、外側の誰かを助けようとしてしてしまうんですね

 

 

でも、助けたい自分を外側に見ているので

自分にしてあげたいことや、

多くのケースでは親にしてあげたかったことを

外側の人にしてしまうので

ニーズが噛み合わず、周りから見たらすごくチグハグだったりします

 

 

あと枠にはめられて育った人は

形を尽くして、人を助けようともしてしまいますが

本当にあなたが求めていたものは、形を尽くしてもらうことですか?

そんなご自分も分かってあげてくださいね

 

 

自分が苦しい時は、すぐに何とかしようとしないで

一瞬、立ち止まって自分の苦しさを分かってあげること

 

 

誰かを助けたい時も、一瞬立ち止まって自分を感じてあげてから

相手を観ること

 

 

そうしていくうちに、自分と相手を混同しないようになっていきますよ

 

 

とにかく、誰よりもご自分を助けてあげてくださいねおねがい

 

IMG_20160504_210028475.jpg

市原ぞうの国に行って来た(・∀・)

IMG_20160504_205924396.jpg

 

20160503_135816.png

GWでみんなに餌をもらいすぎているのか、

餌をあげても見向きもしないカピちゃん

IMG_20160504_210028795.jpg

クマネコちゃんは、夜行性だからおねむなの