読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆奴隷マインドと被害妄想と加害妄想☆

いま、古い時代のエネルギーと

新しいエネルギーがせめぎあっていて

古い時代の癖が強い所にはもめごとが起こり易くなっているみたい

 

 

それで、古い時代の癖で

日本人にとても多いのが前に書いた

奴隷マインドなのね

 

☆リアル妖怪ウォッチ~奴隷妖怪おしん編☆

 

 

なんか、いま、

この奴隷マインドのこじれがすごい感じがするのね

 

 

この奴隷マインドってやっかいなのが

被害妄想と誇大妄想が裏表な所があるの

 

 

昔、精神科で勤めていた時に

院長先生が統合失調症の権威の先生だったんだけど

その先生が患者さんに

 

 

「被害妄想と誇大妄想は裏表なんです」って説明していた

 

 

統合失調症の患者さんの症状で被害妄想があるんだけど

例えば「誰かに狙われている」って被害妄想の患者さんに

なんで狙われているかって聞くと、

「わたしが素晴らしい人間だから」とか

必ず誇大的な返事が返って来るらしい

 

 

 

これは患者さんの例だけど

別に病気と診断されずに、普通に生活している人たちの中でも

同じようなことが、至る所で起きているように思うのね

 

 

奴隷妖怪おしんも、全くそうで

奴隷のようにコキを遣われて大変そうにしているんだけど

そうやってやっている自分が美しいし素晴らしいの

 

 

そういう自分が素晴らしいから

本人がそれをやめる気がないままに

奴隷マインドまっしぐらで、周りを巻き込むの

 

なんかね、わたしも人が良いから

以前は、大変そうにしている人を見ると、

手伝ったりしていたんだけど

いま、考えると、相手のストーリーに巻き込まれていただけだよね

 

 

奴隷マインドの人にもタイプがいるから一概には言えないけど

旧世代の人は一人で必死で奴隷をやって

そういう自分が美しいとひそかに思っている感じなんだけど

ゼロ世代ぐらいからの人は

ひとりでもそれに浸れるんだけど

その美しさを見てくれる

ギャラリーがいると余計に暴走するような感じがあるの

 

ゼロ世代についてはこちら↓

☆ゼロの世代~舞台の上の女優たち~☆

 

 

だから周りの人も同情して

一緒のストーリーに巻き込まれてしまいやすいけど

等の本人からしたら、

わたしの苦労を見届けてくれるギャラリーができたって感じで

余計に大変な状況を作り出すよね

 

 

本人無意識でやっていることだけど

潜在意識の声を聞いているとこういうことが多いみたい

 

 

わたしもこういった人が

謎過ぎたんだけど、ビワさん達がいうに

 

 

大変であれば、あるほど自分の苦労が光るんだって

 

 

だから介護とか、もってこいなんだけど

大変であればあるほどいいから

介護度が上がれば上がるほど

自分の美しさが際立つらしいし

例えば死なれたら、自分の役立つ場がなくなるから

相手がどんなに苦しそうでも

何が何でも生かそうとするらしい

 

 

ついでにいうと、ゼロの世代の人は

大変な状況も萌えだけど

例えば劇的に病状が改善したとか

ドラマティックな展開も好きだよね

 

 

実際に、奴隷マインドじゃなくて

純粋に一生懸命尽くしている人もいるとは思うし

すべてがそうではないと思う

でも奴隷マインドで一生懸命尽くしている人も

一見、すごく相手を大事にして

愛しているように見えるから

ぱっと見には区別がつき辛いと思うけど

奴隷マインドで尽くしているか

純粋に相手に尽くしているかは

冷静に見ると違いが分かると思うよ

 

 

でも、形的には一生懸命尽くしているなら

それはそれでいいんじゃなかって思うかもしれないけど

 

 

奴隷マインドの問題点は

「わたし、こんなに一生懸命やっているのに!」

って想いで相手をがんじがらめにしていくこと

 

 

実は支配に従って、一生懸命尽くして来た

その恨みつらみがすごいんだけど

その恨みすら、尽くすパワーに変換している感じ

 

 

だから、自分がやりたくてやっているというよりも

そうせざるを得ないような衝動で

ある意味、強迫観念のように相手に尽くすのね

 

 

前に書いた般若エネルギーなんかも潜んでいて

相手を麻痺させるように絡みとるように

まるで巻きつくように、相手に尽くすの

 

 

そうすると、相手はされるがままに

やってもらうことを受け容れて行くので

何も見えないまま、色んなやってもらうことを受け容れて行く

 

 

そうなると奴隷に仕えてもらっている側の人間も

周りが見えなくなるみたい

だから、他の人に対しても、信じられないような

横柄な態度がとれるようになったり

一方的な支持が出せるようになるんだけど

例えばその為に時間を割いていることや

電車賃とか交通費がかかることとか

そういった背景も全く考えずに、一方的に命令するようになるし

もっと酷いのは相手が病気でも

平気でこき使おうとする人もいる

 

 

そうなると完全に悪循環で

一生懸命尽くしている方も相手に認めて欲しいから

更に頑張るけど、相手は当たり前すぎて感謝なんてないし

自分がして欲しいと思う前に

相手が先回りして、やってくれたりするもんだから

相手の気遣いに翻弄されているような感じで

してもらっているような感覚もなくなる

 

 

しかも般若エネルギーの自爆について書いたけど

もう感じる感覚が死んでいて

暴走する思考の中で尽くしているから

相手とニーズが全く噛み合ってないから

感謝されないで迷惑がられたりするから

もっと、もっとって余計に頑張るの

 

 

支配する人も奴隷がいるから成り立つんであって

奴隷マインドが支配の世界を成り立たせているともいえるよね

 

 

 

あとね、それで、これは奴隷マインドのある人だけじゃなくて

人の世にはまっている人全般に

見張られている感覚、非難される感覚が染み付いている感じなのね

 

 

結局、人の世がそうやって

人のアラを探すように見張って、人を非難して殺し合っている

その感覚の中にほとんどの人がいて

そういう感覚がこびりついているの

 

 

だから、実際は誰も見張っていなくて

誰にも非難されていなくても

見張られていたり、非難されているような感覚があるから

自分に落ち度がないように余計に頑張るし

 

 

批判されているような感覚が常にあるから

相手が責めるつもりなく何気なくいったひとことですら

非難されたって、勝手に思い込んで過剰に反応したりするよね

 

 

それで「こんなにわたしががんばっているのに!」って

まるで正気の沙汰とは思えないほど

キレたりするけど、

自分で選んでそうしてきたことをすっぽり忘れて

僻んだり、怒ったりする

 

 

まるで古い時代の女性性そのもののような感じ

 

 

こういうマインドを下の世代も無意識に引き継いでいるけど

絶対に忘れてはいけない大切なことは

いつでも、それを選んでいるのは自分だという

自分の選択に責任を持つことよね

 

 

そうやって自分を主体にもって来ないと

こういったことに巻き込まれやすくなるよ

 

 

 

たぶん、以前のわたしと同じように

知らず知らずに巻き込まれてしまう人も多いと思うんだけど

冷静に考えると、絶対におかしい点がたくさんあるのよ

 

 

そういった不自然さに翻弄されるのではなくて

自分でちゃんと自分の人生を選んでいることを意識して

そういうことに気付けるようになっていって欲しいの

 

 

例えば、介護を例にあげれば

すごく介護が必要な

大変な人をほっとけって言っているんじゃないの

冷静に考えると、もっといい方法があるでしょって思うのに

わざわざ大変な方法を選んだりするのよ

 

 

 

上でも紹介した

☆リアル妖怪ウォッチ~奴隷妖怪おしん編☆のケースでいえば

 

 

この知人のお姑さんの所にニートの長男

いまじゃ、ちゃんと働いているって

 

 

お姑さんの奴隷マインドから解放されたんだろうね

亡くなって少しの間は、情緒不安定になってたらしく

香典で暮らしていたらしいけど、

それが過ぎたら自分で働き始めたって

 

 

このお姑さんのケースでいえば

家に貰い物の未使用の色んな物が

箱のまま山積みだったらしいけど

本人はボロボロのタオルとかエプロンとか

使ってたらしいの

 

 

せっかくいただいた新品がたくさんあるのに

未使用のまま山積みで、黄ばんでたから

お嫁さんが全部、捨てたらしい

 

 

昔の人だから物を大切にするのは分かるけど

それでも、結局、物を無駄にしているんだけど

そういう矛盾が見えなくなるみたいだし

人だけでなくて、物が溢れた家に住んでいて

物の奴隷になっていて、どこにも主体性がない

その感覚が息子さんにも伝わっていたんじゃないかなって思う

 

 

 

他のケースでいえば

お金ない、うちは貧乏だっていうのが口癖で

物が捨てられなくて

(旧世代は物が捨てられない人が多い)

例えばスーパーで買ったうどんの器とかも

何かに使えるかもとか言って、とっておくお姑さんがいて

(すでにちゃんとした皿も鍋もたくさんある)

いざ死んだら、億近い貯金があったなんて話も聞くの

 

 

実際にお金があるかどうかじゃなくて

そういうお金ないっていう感覚が染み付いているから

実際にお金があっても安心できないっていうか

お金があるっていう現実を直視しないで

お金がないって、モードにすぐ突入するみたい

 

 

 

奴隷マインドの元で育てられると

子どもにもその感覚が伝わっているから

自分では気付けないけど

お嫁さんとかは外から来た人間だから

その不自然さに気付いて、指摘したりするみたいだけど

もうその奴隷マインドを握りしめて離さないから

指摘しようもんなら過剰に反応して大変なことになるみたい

 

 

それでね、等の本人はマインドどっぷりだから

気付けないし、その自分が美しいという妄想と裏表だから

やめようとしないの

 

 

だから、周りの人間がもし困っているのであれば

それに振り回されないで距離を置いた方が良いと思う

 

 

それでも、「見捨てるのか」とか

「あんなに可哀そうな人をほっておけない」とか

もっともらしいことを言ってくるので

後ろ髪を引かれる想いもあると思うけど

それが相手のためになっているか

とにかく冷静に相手をみて、

相手にためではなくて、自分のためにやっているんだなとか

自分のストーリーに酔っているんだなって感じる所があれば

振り回されないよう、巻き込まれないように

自分がそれをやる必要があるのか

自分や周りが奴隷マインドの犠牲になっていないか

冷静に見極めてあげてください

 

 

その上で

自分ができることだけすればいいんじゃないかなって思う

 

 

 

 

☆ウエサクおとぴ祭りのお知らせ☆