読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆古い女性性の崩壊へ向けて~般若となまはげの自爆テロ対策③☆

たぶん、般若やなまはげ夏至までは

近づかないようにしてくださいってお伝えしても

どうしても接しないといけない方も多いと思うんです

 

 

般若やなまはげみたいに

古い女性性を語るのに大切なのは

いまは、このエネルギーが分かり易く浮きぼりになっていますが

ほぼ、すべての方がこのエネルギーに

小さいころから、ずっとさらされて来ているということ

 

 

大人になったいまでも

こんなに怖くて、扱いに困るのに

小さな子どもだった自分にとっては

とてつもなく恐ろしく映ったと思います

 

 

わたしも小さい頃

母の顔を鬼の顔で書いていた時期があったんですが

たぶん、そういう風に見えていたんだと思います

 

 

いまは、小さいころの自分が

どんな想いでいたのかをよりはっきりと

感じさせてくれる時期なんだと思いますし

それを癒すことができる時期なんだと思います

 

 

だから、般若に遭遇したら

もしかしたら、小さい自分もこんな恐い想いをしてたのかなって

気がついて、小さい自分に、ぽのぽのしてあげてください

 

 

※ぽのぽの=ホ・オポノポノの4つのことば

(ごめんなさい、許してください、ありがとう、愛している)をいうこと

 

 

あのね、般若のエネルギーって伝染するんですよ

 

 

結構、つっこみ所満載の

訳の分からないキレ方をされることも多いので

ものすごく腹が立ってきて怒りが止まらなくなったりしますし

不条理な怒られ方に悲しくて

しばらくそのことが頭から離れなくなったりします

 

 

そういう時は、般若のエネルギーに

自分が翻弄されている時だと思ってください

 

 

そうやって怒っているにしろ

悲しんでいるにしろ

頭から相手のことが離れない時は

相手のエネルギーに浸食されているんです

 

 

なんか、わたしの人生って

必要な時期に分かり易く、必要な方が現れてくださるんですが

般若って、直接、怒られていなくても

その場に遭遇しただけで

そのことがしばらく頭から離れなくなるぐらい

周りをも巣食って行くほどのエネルギーを放っているんです

 

 

そうやって知らず知らず相手と同調しているんです

わたしも般若系の人のことを話していると

どんどんヒステリックになってくることがあったんですが

「あれ?わたし、あの人のこと考えるとイライラしてくるみたい」

って、ふと気が付いたら怒りがスーッと収まったんです

 

同調してしまっている自分の不自然さに

気付いてあげるだけでも、だいぶ楽になれますよ

 

 

別に怒っても、いい機会だと思って

怒りを爆発させて解放してもいいとは思うんですが

般若のエネルギーってすごいんですよ

 

 

頭がもうろうとして、頭がまわらなくて

正常な判断ができなくなるし

全身が痺れてくる感じ

 

 

怒りを解放することは大切ですが

般若エネルギーがすごい状態で発散しても

自分をとらえるってことができないので

多くの場合は、相手を罵り、非難して終わりになってしまうので

自分も相手と同じ般若になっただけで

何の解決にもなってないことが多いです

 

 

だいたいね、多くの人の般若に遭遇した時の

対処法って、

知らず知らずに浸食された般若エネルギーに怒りにまかせて

自分も同じように般若になって

ハブとマングースのように闘うか

 

 

感覚消してスルーしたり

 

 

なんとか般若をなだめようと

思ってもないことを言ったりご機嫌取りして

場をなだめようとします

 

 

中には正論をいって

相手のおかしさに気がつかせようとする人もいると思いますが

そもそも般若ってる人は

感覚が麻痺して、頭まわってない状態で

訳も分からず、般若エネルギーのままに

暴走しているので、自分の矛盾もとらえられないので

言っても分からないどころか

正論を言われることで、自分のおかしさが余計にきわだつので

余計に暴走してしまいます

結果、火に油をそそぐようなものです

 

 

それに、古い女性性の特徴である

必殺!手のひら返しで論点をすり替えるので

話にならないことがほとんどです。

 

 

だいたい「自分が正しい」という思い込みが強いし

自己顕示欲が強くて

自分の意見が一番だと思っているので

一応、建前上、人に意見をうかがうことをしますが

人から意見を言われただけで否定されたと思って

「わたしがこんなにやっているのに」って

猛攻撃して来たりとかそんな感じですね

 

 

そもそも、意見を言っている訳であって

否定している訳ではないし

意見を言われたことと

その人がどれだけそのことをやっているかは別問題です

 

そうやって論点をすり替えながら

大騒ぎして周りを振り回して行きます

 

 

しかも人には猛烈に非難する癖に

自分が間違えたこととか都合の悪いことは

すぐに記憶から消去できるみたいで

スルーして何事もなかったように手のひらを返すので

周りにはまるでキツネにつままれたような

不気味さが残ります

 

 

まずは、こうした相手の不自然さを冷静にみれる

自分にならないといけないんです

 

 

どうしても腹立たしかったり、怖かったり

悲しかったりするのでこちらも感情的になってしまいますが

そうすると、相手の訳の分からなさに翻弄されて

振り回されてしまいます

 

 

とにかく自分が恐いこと、悲しいこと、腹立たしいことを

相手に分からせようとするよりも

自分で受けとめてあげてください

 

 

そうして自分で自分を落ちつかせてあげて後でなら

相手を冷静にみることができるようになっていきますよ

 

 

 

 

つづく