読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents シンいのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

☆古い女性性の崩壊へ向けて~般若となまはげの自爆テロ対策④☆

└☆人の世のしくみ☆

それでね、自分が般若ってしまう時に

どうしたら良いかのご質問をいただいたんですが

 

 

まず第一に、般若エネルギーは

本来の自分の質ではない

誰かから感覚的に

伝染してきたものだということを知ってください

 

 

多くのケースは母親だと思います

 

 

怒りっぽかったりとか

目に見える形で般若ってる母親は

そのことを自覚しやすいからいいんですが

このシリーズの最初の方で書いたように

見た目は穏やかそうに

「あなたの好きにしていいわよ」っていいながらも

発しているエネルギーは支配的な般若そのものの場合は

自覚がないままにそのエネルギーに浸食されていることもあります

 

 

だから自分が般若っている時は

自分にとっての般若のラスボスを見つけないといけないんですね

 

 

そして、その人の関係性において

自分が何を感じていたか

それを分かってあげないと

人からやられた感覚は、

人に無意識にやりかえしてしまう法則で

自分が般若になって、誰かにそれをやってしまって

般若の連鎖を作ってしまうんです

 

 

自分の気持ちを分かってあげた後は

自分も般若になった経験から

たとえばラスボスが母親なら

母親の気持ちも分かってあげられると思うんです

 

 

長年の蓄積なのですぐには解けないかもしれませんが

繰り返し、そういうご自分や母親のことを分かってあげてください

 

 

 

それで、般若・なまはげ対策の続きですが

 

般若とかなまはげのエネルギーって

ひとことでいえば

支配のエネルギーなんですね

 

 

頭の中がいっぱいになるのも

支配のエネルギーが強いから

 

 

親切の押し売りなまはげバージョンも

相手に親切にしたり、問題点を指摘して

お世話することで、

相手よりも自分の方が優位な存在だと

見せつけたいから

 

 

ついでにいうと本物のなまはげみたいに

「悪い子いねーが、泣く子いねーが」って襲うのも

強烈な恐怖で支配したいからじゃないかと思うんです

 

 

そもそも上の世代の人のいう

悪い子って、自分にとって都合の悪い子だと思いますし

別に泣いたっていいじゃないのって思うんですが

自分の都合の悪さを、恐怖で支配する感じかな

 

 

それも代々、連鎖して来ているので

自分でも無自覚にそうなっていることが多いんですけどね

 

 

そうしてこうした支配のエネルギーにさらされると

「自分が正しい」って思い込みの中で

相手をコントロールしたくなるんです

 

 

そのせいなのか

般若度が高い人は

人を使うのがうまい印象があるんです

 

 

たぶん親の所有物のように物として育てられた人は

般若度が高くなり易いし

そういう自分がとらえられない傾向が強い気がします

 

 

自分が物として育てられているから

人も物として扱えるから都合良く使える

 

 

例えば普通なら遠慮してしまうような

専門家とかに平気で相談したり

相手が不要になれば、

それまで、相手が一生懸命対応してくれていても

気まずさもなく平気で切り捨てられる感じですね

 

 

だから、まずは

 

 

いいように使われない

支配されない自分になる

 

 

大切なのは、相手を冷静にみることのほか

 

 

相手に媚びないことです

 

 

みんな、恐いので

無意識に場を治めようとしたり

相手をうまく転がそうとしたりとか

嫌われないようにしたりとか

色んなことをしますが

そういう風にするのって

ある意味、相手に媚びていることだと思うんです

 

 

 

わたしの経験でいうと

それをすると相手に気に入られて

余計にドツボにはまって大変になる気がしますし

結果として、般若を助長させていたことに気がつきました

 

 

 

とにかく媚びないこと

 

 

媚びてしまいたくなるほど、自分が恐いことを

自分で分かってあげること

 

 

それがとても大切です

 

 

たぶんね、わたしの予想だと

 

 

夏至を過ぎても般若が落ち着く訳じゃなくて

むしろ、もっとおかしくなって

周りが気がつきやすくなると思います

 

 

ただ本人が発する般若のパワーの効力が

弱まる感じがするというか

実際的にはチカラを持たない幻想のような感じになって行くと思います

 

 

発する側も、受け手側も

これまで感じて来た幻想に気付けるようになって行くと思います

 

 

ただ発する側は、気付ける人と

ドツボにはまって行く人と大きく二極化すると思います

 

 

ただね、カラダに般若から受けて来た恐怖が

色濃く残っていると幻想のようなエネルギーでも

ものすごい恐怖に感じたりしますが

それは相手が恐いと言うよりも

過去の記憶に恐怖しているので

そういった過去の記憶の中にある恐怖を分かってあげて

解いてあげることで、対応が違くなってきますし

相手がどんどんボロを出すようになって行くので

自分自身で自滅の道をたどるようになって行くので

傍から見ていても、気付きやすくなって行くと思います

 

 

 

それでね、般若・なまはげ対策はだいぶ書ききった感じがあるのですが

 

 

 

最後にすごく大切なこと、

 

 

自分の正しさを捨ててください

 

 

自分の正しさを握りしめている緊張した状態が

また争いを産んでしまう

 

正しさや、間違いに重きを置く自分を手離してください

 

 

正しくなくても、例え間違っていても

その自分を受け容れられる自分になってください

 

 

それが互いを活かし合える優しい世界への

大きな大きな一歩になります