読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆感覚を分けること☆

最近、起きていることを

何から話そうかなーと思いつつ

とりあえず、前から書こうと思っていた

感覚を分けることの大切さ

 

 

ちょっと前にKさんから、こんな質問があったの

 

 

Kさんが不在の時に

 

「家系図に興味ありませんか」って訪問販売が来たんだって

 

Kさんのお母さんが「興味ありません」って断ったら

帰り際に

「あなたの後ろにあなたの守ってくれている人が見えます」

 

って気持ち悪いことを言われたと後から聞いて

Kさんは「ひぃーーーー」って恐怖感が湧いて来たけど

 

「誰でもみんな守ってくれている人はついているんだよ」って

言って、気持ち悪がっている、お母さんを安心させようとしながらも

必死で何かを打ち消すようにその言葉を何度も言っている自分が

不思議だったそうです

 

Kさんはスピリチュアルに興味があるので

誰か守ってくれる人がいると言われても不思議じゃないのに

この時はなぜか、恐怖を感じてその自分が不思議だし

後から思い出してもキモいと言ってました

 

 

それでね、これで大切なのは感覚を分けることなんです

 

その訪問販売の人がキモいのか

その言葉がキモいのか、とっさに人は区別がつかなくて

混同しちゃうことがあるんです

 

 

前にテレビで、

海外で小人?妖精?のミイラがすごく高値で売れたって、やってて

わたし、それをみてすごくキモかったんです

 

もうどんよりし過ぎて、その後、テレビが観てられなくて

ぐったりしたぐらい

その小人のミイラのエネルギーがキモいのかなと思って、

後でイリアさんに話したら

「偽物だっていってる。

おとぴちゃんは、そうやって人を騙して大金を儲ける人の

おぞましさが気持ち悪いのよ」って言われたことがあったんです

とっさに人は判断できないで、勘違いしちゃうことって、よくあるんです

 

 

だから、この訪問販売のはなしも

ちゃんと自分で感覚を分けてあげないと

いつも守ってくれる存在がキモいなんて、わたしってヒドい!とか

勘違いをしちゃうんです

 

 

これは、人間関係にも言えるんですけど

最近書いていた、般若シリーズもそうなんですが

般若ってその人の本質じゃないんですよ

 

誰しも人の世が恐いから

見ないようにしているうちに、無意識に人の世にとりこまれて

結果、般若やなまはげのようになってしまう節分

 

 

この前の、ウエサクおとぴ祭りで

イリアさんが、着ぐるみで表現していたのが

分かり易いと思ったんですが

 

 

ある意味、その人の本質の上に

人の世にまみれるために着ぐるみを来ているようなものなんです

 

 

色んな着ぐるみがありますよ

般若もあれば、なまはげもあれば、ねずみ男だったり

天狗だったり、色んな妖怪みたいなの

 

 

恐すぎて、それらが凝視できなかったり

自分も人の世にまみれて

そういう人たちに翻弄されているうちは気付けませんが

自分を気に掛けるようにしながら

そういう人たちを冷静にみてみると

みんな、面白いぐらいパターンがあるっていうか

台本でもあるのっていうぐらい、

同じような行動をしているのが見えてきます

 

 

それを多くの人が見切れるようになって

それらに翻弄されないようになって欲しいんです

 

 

そうすることで、むやみやたらと

人を嫌ったり、怖がらないでで済むっていうか

別に嫌っても、怖がってもいいんですが

そうした人の癖の着ぐるみを見極めることで

その人と着ぐるみを分けてみられるようになるので

そうとう、楽になりますよ

 

 

この世は完全に、エネルギーで引き寄せ合って

できがっているので、

誰か困る人が現れる場合の多くは

それと同じような感覚の人が家族や、子どものころ

関わっていた人にいる場合がほとんどなんですね

それで傷ついたままの子どもの頃の自分のエネルギーが

傷付いている自分に気がついて欲しくて、

同じような出来事を引き寄せる

 

 

だから、だいたいは、

子どものころのあなたはこんな気持でいましたよって

昇華できていない、感情を教えてくれるために現れるんです

 

 

冷静に振り返ってみると

いつも同じようなタイプの人でつまづいてしまっているのに

気付けると思います

 

 

ただ、自分も人の世にまみれて

色んなものを怖くて見ないようにしていていたり

恐すぎて感覚を消しているので

それを見抜けなくなっているので

ちょっとずつでも、そんな自分に気がつけるように

自分を気に掛けてあげないといけないんですね

 

 

そうしていくうちに、

それまで対応に困っていた人を

冷静に見れるようになっていくので、

実はお母さんとそっくりだったとか

子どものころ、全く同じ想いを感じていたとか

気付けるようになっていきます

 

 

そうすると、それまで憎らしい敵に思えていた人が

子どものころのトラウマを癒してくれるために現れた

ありがたい人に変わるし、相手が敵じゃないって

気付ることで、実はこの世には敵はいないって気付けて

無敵になって行くし

そうして自分の傷が癒えると、相手の反応が変わったり

気にならなくなったりして、さらに無敵になって行きます

 

 

いまは、自分の人生において

最強クラスの敵が表れやすい時期みたいなので

色々と苦労されている方も多いと思います

そんな中でも自分を大切にしたり

自分の想いに真摯に生きることを忘れないでくださいね照れ