読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

☆霧が晴れるような想い☆

新月、開けてすごくエネルギーがキレイで

すがすがしいです

 

 

しかも、ゆうべ、色んな謎が解けたので

まるで霧が一気に晴れたような思いです

 

 

☆不気味さの正体☆

 

 

まずね、母は子どものころに実母を無くしていて

のちの後妻さんが連れ子を連れて嫁いできたそうですが

この後妻さんと、連れ子にあたる人が主にそうなんです

 

 

実母とかなりキャラが違うので

たぶん母の中の違和感はそうとうだったと思います

母も実母がどういう人だったか

あまり覚えていないようですが、

女の子はDNA的に母親に感覚が似ますし

幼いころ育ててくれた人の感覚を無意識に引き継ぐので

たぶん、母の実母は母のように

穏やかで優しい人だったんじゃないかなって推測します

 

 

一方で後妻さんは、自己中心的なタイプの人ですね

 

 

それが悪いという訳ではなくて

母の感覚からしたら異質なだけであって

他の方から見たら、もっと違う印象があるかもしれないです

 

 

たぶん、そういう質の違いで母は居場所がなさとか

感じて、淋しかったんじゃないかな

他に同じ両親の姉弟がいるけど、姉と二人で話しているだけで

連れ子をのけものにしているって言われたらしいけど

別にのけものにしていた訳じゃなくて

たまたま二人で話しをしてただけなんだけど

そういわれるから、ロクに話しもできなかったって言ってたから

 

 

一方で父は実の両親に育てられているけど

祖母が他の兄弟姉妹ばかりをかわいがっていたから

居場所がなかった感じがするの

 

 

こういう居場所のなさ、淋しそうな感じが

うちの両親は似ているから

そういう所で惹かれたんだと思う

 

 

ただ、夫婦になるぐらい縁が深い人って

感覚的にパーフェクトマッチとしか言いようがないぐらい

必要があって巡り合うから

それだけじゃなくて、他にも感覚的な

共通点がたくさんあるんだけど

この居場所のなさって、大きなポイントのひとつだと思う

 

 

ちなみに、居場所がない淋しさって

ひとくくりにしてしまうと、

それがあれば他の人でもいいのって感じだけど

感じる感覚って人それぞれなので、言葉では同じでも

感覚的に全く違うことが多いのね

 

 

うちの両親には同じような淋しさがあるから

それで惹かれあったんだろうし

無意識に相手に自分を見て、

分かり合えるような気がするんだけど

実際の所は、自分でもそれをよく分かってないことが

ほとんどだから、まずは自分で自分を分からないと

相手のことも分からないんだけど

人はそれを自分でやろうとしないで、

人にどうして分かってくれないんだって思うから

もめごとが起きるんの

だから、まずは自分で自分を分かること、

すべてはそこから始まるの

 

 

そして、その淋しさを

わたしが知らず知らずに引き継いだんだと思うの

物ごころついたころから

ずっと、どこにいても居心地悪かったから

 

 

でも、本当の居場所って

物理的なものじゃなくて

自分の中にある感覚とフィットしないと

どこにいても、誰といてもどこか釈然としないと思うの

 

 

逆に自分の中に落ち着く場所を見つけたら

どこにいても誰といても安心できるようになると思う

 

 

わたしは自分の中に安心できる場所を見つけたから

両親から引き継いだ想いを成就させることができたんだと思う

それが反映されたのか、最近、両親、前よりも仲がいいんだ

 

 

それでね、母は父方の祖母とか

親戚にもぞんざいに扱われていた印象があったの

 

 

わたしに対しては、祖母とか親戚は優しくて

そんなに嫌な印象はないんだけど

母に対しては、嫌な印象を受けたことがたびたびあったのね

 

 

それも、母の中にある後妻さんとの関係性の中で

感じた感覚や居場所のなさが

そうさせるんじゃないかってことに気がついたの

 

 

事柄だけを追って行くと

誰が悪い、誰がひどいって視点になるけど

結局のところ、周りの人は自分の色んな感覚を

知らせてくれているだけなのよ

 

 

なんか、こうして両親のことだったり

その背景にある親戚との関係性とかが

明確に分かるようになってくると

自分にも、その感覚がはっきりと引き継がれているのが

分かって、目の前の霧が一気に晴れて行くような想いだわ

 

 

ちなみに、前夫ファミリーに感じていた

不気味さは、母と後妻さんとか連れ子に感じるものと全く同じだわ

 

 

これはあくまで、わたしが相手から感じる感覚であったり

印象が似ているだけであって、見た目とかいろんな事柄は

全く違うから、頭で考えていても理解できないし

いままでの時代はこれほど明確に

自分のことが見れなかったんだと思うの

 

 

でも、どんどん時代が開けるにしたがって

自分のこともより明確に見えるようになって来たんだと思う

 

 

いやー、とにかく色んなことが明確に分かって

まるで色んな伏線が一気に回収できたみたいで

とにかく爽快だわ

 

 

まるで推理小説を読むみたいに

自分の人生の謎解きをしたら、面白いかも

自分の謎が解けるのは、どんなドラマよりも面白いよ照れ

わたしも楽しすぎて、早起きしちゃったぐらいだし

 

 

 

 

☆7月のおとぴのおはなし会&おうちお茶会のお知らせ☆