読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents シンいのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

人に対する潜在的な恐怖

★この世のしくみ★

なんかねー

 

8月8日の記事にも書いたけど

最近、人がバグりやすいのよ

☆わたしたちは許し合い、愛し合う☆

 

 

わたしもひとりでいる時は

そうでもないんだけど

人と一緒にいる時とか、人のことを考えている時とか

変にバグるの

 

 

なんか色んな概念が飛んじゃう感じで

数字とか曜日が分かんなくなる

(月)って言ってみたり、(日)って言ってみたり

その自分のおかしさにすぐに気付けなかったり

 

 

昨日も、お友達とエレベータに乗るのに

案内を見て、32階って書いてあるのに

18階って思い込んで、

エレベータの中の案内をみて、

18階に目的の場所がない??????

って訳が分からなくてパニくったり

 

 

そもそも、人は沖縄にいるって思い込んで

極寒の北海道で暖かいねーって言っているぐらい

感覚的に違えているのに

思い込みで問題がないようにしているつもりになっているのね

そういう感覚のおかしさがもう隠しきれなくなっているんだと思う

 

 

わたしも例外じゃないのよ

落ち着いている時はいいけど

何かのトラウマとか浮上してくると

一瞬で感覚が狂うよ

ブログは極力、落ち着いている時に書くようにしているけどね

 

 

後ね、この感覚が狂うのって色んなところに出るみたいで

わたし、いつもは

時間とか意識していなくても

その時間になったら閃くように気付くのに

時間の感覚も人といるとバカになっていることが多くて

おとといの、おはなし会では

 

 

ふと時計を見たら

あれ???こんなに話したのに

また2時半????

 

 

時間の感覚が変だなーって思ったら

4時半までの予定が

次に時計を見た時は

時間を過ぎているのに気付かずに、

5時には、部屋を出なきゃいけないのに

5時、5分前に気がついて、大慌て

(せっかく来て下さったみなさん、慌てさせちゃってすいません)

 

 

あー、そうだ

おはなし会で、相模原の事件のニュースを見た

子どもが

「人生に意味なんかない、生きるだけだ!

他人が生きる意味を勝手に決めるな!」って

いうようなことを言っていた。ってツイッターとかで

流れていたっていうのを見て

子どものが、本当になんでも分かっているし、悟っている

ってはなしをしたんです

「障害者を不憫だと思った」相模原犯人の動機に対する8歳児の言葉が正論すぎる

 

 

子どもの年齢を確か、5~6歳って言っちゃったけど

もう一度、みたら8歳の子どもでした。ごめんなさいね。

それでもすごいけどね。

なんか、最近、すごく数字があいまいになりやすかったの

 

 

なんか調子狂いっぱなしでした

 

 

なんか人といると、

頭に膜が張っているような

感じで、頭がうまくまわらないし

 

 

昨日は、友達と会う前から

痰がやたらとでるし

会った友達も風邪っぱくて鼻水でてたし

他にも風邪っぽくて体調が悪い人の

はなしを聞いたり

 

 

風邪は咳だの痰だの、鼻水だので

カラダに溜まっているものを出してくれるから

すごくデトックスになるからね

 

 

そういう時期なのかなー

 

 

人と会ったり、人のことを考えている時に

やたらとバグるのは、相手のを受けているのかなー

 

 

それとも、お盆時期なので

霊現象かなーとか

あれこれ考えたけど、ピンと来ない

 

 

今朝、ふと気がついたのことが

一番、ピンと来たんだけど

土星が今日から順行になったからじゃないかってこと

 

 

 

そもそも、3月下旬に土星が逆行に入った時に

こんな記事を書いたのね

☆新旧、対立の時☆

 

 

星読みのブログ

土星逆行は個人レベルのカルマを

深く掘り下げてくれる

 

 

上の世代の人の

無意識レベルの反抗、抵抗、

対抗意識みたいな形で現れることが多いってみて

すごくピンときて、書いた記事なんだけど

 

 

確かに土星が逆行した

3月下旬ごろから

まさにその通りのことが起こっていました

 

 

上の世代の人に対する

色んな反感がものすごく浮きぼりになりました

 

 

反感もあるけど、それ以上に

わたし、上の世代の人に対して

こんな恐怖を隠し持っていたんだって

上の世代の人だけじゃなくて

わたしがこれまで、人の何を苦手としていたのかが

はっきりと分かった4カ月半でした

 

 

まさに個人レベルの深いカルマの掘り下げでした

ここ4カ月半のテーマ曲

 

星読みって、本当にすごすぎてびっくりします

本当に人も自然の一部で、天体の運行とか

知らず知らずに

ものすごく影響を受けて生きているんだなーって

しみじみ思います

 

 

そもそも、このバグ

よくよく考えたら、3月下旬から

時々、起きていたんです

 

 

東京でやる、おとぴのおはなし会は

毎回、同じ所でやっていたんですが

(5月はウエサクおとぴ祭りだったので別会場

今年の東京のおはなし会は3月が初めて)

 

 

おととい、5回目にして

初めて、迷子にならずに行けました…

 

 

そんなに難しい道じゃないのに

 

 

毎回、迷子になっていて

だいたい、誰かと一緒なんですが

お友達も一緒に迷子

 

 

スマホで調べても地図の座標すら狂う

 

 

詳しい地図をプリントアウトして来た友達もいて

地図を読むのが得意そうなのに

それでも、毎回、迷っていて

いつもぎりぎりにアワアワしながら駆けこんでいました滝汗

 

 

全部、今回のバグと同じ感じです

頭の中にモヤがかかったみたいに

ぼんやりして

右も左も訳が分からなくなって

だいたい、そういう時は逆に進んでしまうんです

 

 

毎回、なんなんだろうって思いながらも

 

 

こういうバグが起こることって、経験的に

実はすごく嫌か、実はすごくやりたいけど恐いのか

どっちかのことが多いんです

 

 

だけど、おはなし会は嫌じゃない

すごく楽しいからやりたいので

毎回、激しく迷子になりながらも

やり続けて、やっと5回目にして

迷子にならなかったんです

 

 

5回目にしてはじめて、

頭の中にかかっていたモヤがなく

はっきりと道が思い出せる感じでした

 

 

だけど、おはなし会では迷子にならなくなったけど

他でバグが起きましたけどね

 

 

でも、毎回、迷子になっていたものが

迷子にならなかったのが、ひとつの指標になって

それが回復に向かっているってことの象徴な気がしました

他のバグは、この一連の出来事に気付くために

最後に分かり易く表れてくれたんだと思います

 

 

やっとなんでバグが起こるか分かってきました

人のせいでも、霊のせいでもなく

わたし自身の潜在的な人への恐怖ですね

 

 

わたし、人が大好きなんです

でも、人が訳が分からな過ぎて、関わるのが恐い

そんな想いで、人と接する時に無意識に感覚を潰したり

バグらせたりしていたのが

表面化してきたんだと思います

 

 

それで、今日、13日に土星が順行に戻るのに

雪解けって感じで、最後に残った恐怖が解けて行くのと共に

そこに隠れてた恐怖も一緒に解けだし来たんだと思いました

 

 

 

昨日は、心臓が苦しくて苦しくて

まるで心臓に殻がかむっているみたいな感じで

ときめきを抑えているような感じだったんです

 

 

心臓って生きている象徴みたいなものなんですけど

生きる喜びを、恐怖故に無意識に制限していたんだなーって

それが感じられるってことは

消していた感覚が戻ってきているってことなので

またその喜びを生きれるんだって思うと、涙がでるほど嬉しいです

 

 

それで、今日、明日とももクロちゃんのライブなんで

クリスタル世代の子たちの生きる喜びを体感できそうで

とても楽しみにしています

もし、行かれる方がいらして、会場でわたしのことを見かけたら

遠慮なさらずに声をかけてくださいねおねがい

 

 

でかける前に一斉ヒーリングをやってからでかけます

 

後で、告知するのでちょっと待ってくださいねー

 

 

 

 

 

******************************

 

 

☆8月のおとぴのおはなし会&おうちお茶会のお知らせ☆