読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

ヘビのエネルギーは人間関係のもめごとを起こしやすい

└☆人の世のしくみ☆

色々と次回予告しておきながら

まだ続きを書いてなくてごめんなさいねー

 

 

人と人との潰し合いの実例と

新ゼロとヘビについてを書く予告してたわねー

 

 

今日さー、お友達が遊びに来るから

昨日から部屋の片づけしているんだけど

あれこれ捨てたり、片付けたお陰なのか

色んなことが明確に分かって来たわ

 

 

今日は、これからでかけるから時間ないんだけど

覚え書きに、簡単に書いておくわ

 

 

あのねー

人の世に主に巣食っているのが

ヘビ妖怪と、キツネ妖怪なの

 

 

細かくいえば、般若とか鬼とか他にも色々といるけど

大元はこの2つの影響が大きいよね

 

 

それでヘビとキツネの親玉が

ぬらりひょんって感じなのね

 

 

バブルなんかもヘビとキツネの影響が強いから

 

 

ゼロ世代や新ゼロなんかも

ヘビとキツネのエネルギーが強いのね

 

 

別にそれが悪いって言うんじゃなくて

古い時代の人の世に巣食っているエネルギーを解き放って

新しい人の世を創るために

作業分担して、色んなエネルギーを上の世代から引き継いでいるからなのね

 

 

前に時代が外向、内向に分かれているって話しを

世代シリーズでしたけど

外向だと、キツネ、ヘビっぽくでて

内向だと緊張感が強くでる感じかな

 

 

だから各世代で明確に分かれているっていうよりは

それぞれの世代でも外向的か内向的かで違ってくるよね

ただ世代ごとに大きな特徴はあるけどね

ちなみに、インディゴ前期は緊張感を強く引き継いでいる感じがするの

 

 

それで、ヘビについて

より感覚的に分かって来たんだけど

ヘビは味方のふりをした敵って表現を昨日したけど

すごくこのエネルギーがあると

人間関係がもめやすいの

 

 

ヘビって情欲とか色欲とか

色んな欲望も絡んできやすいしね

 

 

わたしも人間不信になるきっかけってさ

 

 

例えばみんなで遊ぼうって声かけられて

楽しみにしていたのに

わたしは声をかけてもらえなくて

知らないうちに、それが終わっていて

しかも、後から聞いても

その人は声をかけたこと自体を忘れていて

悪気もなく「次は声をかけるね」なんて言われたりとか

 

 

わざととかじゃなくて、本当に憶えてない感じだし

そういう意地が悪い印象がない人でもこういうことをするの

 

 

ショックもあるんだけど、それ以上に

その憶えてなさにぞっとしたの

 

 

あと、人の世っぽい人って

媚びるから、遊ぶ約束をすると

過剰に「楽しみ」アピールをしておきながら

ドタキャンしたりとか、

いざ予定を合わせようとすると

予定が合わないとか言い出ししたりとか

 

 

こういうのも、ヘビのエネルギーがある人がよくするのね

 

 

あと借りパクとか、人の忘れものとか

自分のものにしてたりとか

ひどい人だと借りたのも忘れて、

もらったものだと思い込んでいたりとか

すごく気持ち悪い印象があるんだけど

こういうのもヘビのエネルギーだよね

 

 

本当に忘れちゃうみたい

 

 

だから、トラブルがおきやすい

 

 

わたしこれに今朝、気がついて号泣したんだけど

 

 

こういうことですごく傷ついて来たけど

あー、ヘビのエネルギーで

そうなっていたとしたら

その人も子どものころ母親からやられたんだろうなー

 

 

楽しみにしていたのに、親に忘れられたりとかして

きっと傷付いたんだなー

それで、知らず知らずに人にやりかえしていたんだって思うと

仕方ないなーって思えるし

 

 

その傷付いた自分に「悲しかったね」って

痛みを分かってあげながらも

事情が分かるとすごく安心して

泣けて来たのよ

 

 

 

ちょっと慌ただしいけど、

そんな感じで気付いたことを覚え書き

 

 

今日、明日は予定があるから

また詳しくは今度、話すわー

 

 

 

 

☆8月のおとぴのおはなし会&おうちお茶会のお知らせ☆