読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さん☆おとぴpresents シンいのちのしくみ

いのちのしくみとか、この世のしくみを書いています

世代シリーズ シーズン2

★世代のはなし★

かなり好評であちこちでしこたま感謝された

世代シリーズの続きを書きますねー

 

 

主に各世代の女性の特徴になります

 

 

男性性って、各世代でそれほど大きく変わらないんですね

 

 

旧世代の男性性は

 

「俺は男だぞー」

 

「俺が正しい」

 

っていうのが主な感じで

人を蹴落としてでものし上がろうとする感じです

 

詳しくはこれに書いてありますが

☆この世への抵抗~古い男性エネルギーの正体☆

 

掘り下げると

「お母ちゃん、ボクを見て」

 

「ボクを認めて」っていう

 

お母さん大好きエネルギーなんですね

 

生きている方の場合は、

カラダに色んなエネルギーの記憶があるので

恐怖やらなんやらがからんでくるので

すぐには解けないことも多いですが

エネルギー的には、

「お母さん大好き」を認められれば解けるような

それほど複雑ではないものです

 

 

本来の男性性は天使のような純粋性と

好奇心、繊細な優しさがあって

人の役に立つのが大好きな感じで

各世代でそれほど大きな大差は感じないです

どの程度、古い時代の男性性の影響が強いかによって

違うぐらいなので、あえて語るほどのことは思いつかないです

 

 

でも男性でも多少は女性性があるので

女性性が強い男性は世代ごとの女性性の影響が

強く出ている感じです

 

 

そもそも、男性を育てているのは

主に母親である女性なので

やはり女性を紐解くことが重要になります

 

 

去年の年末にも世代シリーズシーズン1を書いてましたが

それ以降に、古い時代の女性性に関して分かったことがかなりあって

それに伴って、各世代の特徴もより色濃く分かって来たものがあるので

シーズン2として書こうと思います

 

 

前回も書いた注意書きをコピペしますね

☆緊張から弛緩へ☆~しなやかに生きる遊びのある時代へ~

 

 

※世代をお伝えするにあったっての注意点

世代はあくまでおおまかな傾向です

かならずしもここに当てはまらない人もいます

当てはまらない方は逆に自分の世代の特性を知ることで

自分にとって好ましくない特性を持つ人たちに巻き込まれずに

済むなど対処法にしていただければ幸いです

普段、生活をしているとどうしても人とのトラブルなどで

人への非難へ目を向けがちになることが多いと思います

自分の価値観だけで物事をみていると

他の世代の価値観が理解できずに

つい批判をしたくなります

他の人を批判するということは

ある意味、自分の世界を守ろうとする

防衛本能的な役割もあるのですが

別に守ろうとしなくても、

それぞれ世代によって価値感が大きく違うことを知れば

時として、相手が批判の対象ではないことが分かります

ただ相手が自分と違うことを知る

相手との違いを分からなければ

自分という個性も分かりません

別に批判がいけないといっているのではなくて

怒りが溜まっていれば、発散するのも自由です

ずっと批判だけで終わらせると

その向こうにある、相手の優しさなど

色んな面にも気付けないので

実にもったいないと思います

それぞれ意味があって、その世代の特性があります

それを批判し合い、潰し合うのではなくて

互いに活かし合える優しい世界を目指しているので

色んな世代の特性をおとぴは研究しています

*****************************

こんな感じで、世代シリーズ シーズン2のはじまりです照れ

 

 

 

 

 

9月のおとぴのおうちお茶会のお知らせ