さん☆おとぴpresents いのちのしくみ

2017年1月にアメブロからお引っ越ししました。過去記事保存用なので、たぶん更新することはないと思います。

ご無沙汰しています

お久しぶりです。おとぴですおねがい

 

しばらくブログ更新していないので

心配なさってくださっている方もいらっしゃるかもしれないですが

わたしは、元気です照れ

 

 

なんかねー

10月過ぎてから、とにかくエネルギーがカオスなんですよ

 

 

全体のエネルギー自体はすごく軽くよりキレイになっているんですが

人から噴き出しているエネルギーがすごすぎるのと

それでなのか

ちょっと妖怪や魔物的なエネルギーも活発になっている印象があるの

 

 

いつもだったら、あれこれいまの変化について説明するんですが

あといまは、手を出し過ぎず

控えめにしたほうがよさそうなので

(いつもに比べて)ブログは手短にしておきます

 

 

なんかいまは、ブログを書く気もしないし

書かない方が良い気がしていていたんです

 

 

前回のダーリンの電車ドア事件のことを

振り返って、わたしはみんなを置き去りにして

先に行こうとしていたんじゃないかとか

例えわたし一人が元気でも

周りの人と調和していないと意味がないじゃないかとか

色々と思う所があったのもあります

 

 

あとね、先月かな

ヘビと原罪のはなしを書いたけど

 

ヘビと原罪と人が抱える矛盾とパラダイムシフトのはなし①

 

ヘビと原罪と人が抱える矛盾とパラダイムシフトのはなし②

 

あれを書いたことで、わたし的に

人の世の大枠はつかめた感じがあるんです

 

 

まだ、世代シリーズセカンドシーズンとか

途中なのが申し訳ないですが

いまは、とにかくカオスなので

必要以上に、情報を出す時期じゃない気がします

 

 

でも、過去記事でも十分すぎるぐらい

色んなことが書いてあるので、

何か迷いがある方は、過去記事にも

色んなヒントがあると思いますので

良かったら、そちらもご覧ください

 

 

しばらく更新がゆっくりになると思いますが

エネルギーが落ち着いたら

初めてこのブログを読んだ方でも入り易いように

初歩的なことを重点的に、書いていこうと思います

 

 

っていうのも

わたしが書いていることを

頭で理解するのと、感覚で理解するのでは

天と地ぐらい違うんですね

 

 

それが感覚で理解できたとき

それこそ天地がひっくり返ったような想いをする人もいます

 

 

そのためには

基本的なことを感覚で理解する必要があると思うんです

 

 

それで、基本的なことを落とし込んだ後は

あとはわたしのブログに答えを求めるのではなくて

それぞれの方がご自身で答えを

見付けられるようになって欲しいんです

 

 

ただ、いまは、カオスで人の癖が出やすい時期だし

人は癖が出てくると、頭を忙しく働かせて

何とかしようと多いし

あれこれ忙しくしたりとか、数をこなすことで

充実しているつもりになったりしている方も多いと思います

 

 

それでなんとかなっているなら別にいいんですけど

そういう時に、わたしのはなしを聞くと

返って混乱するんじゃないかと思います

 

 

それよりも、もっと本気で困るぐらい

徹底的に、追い詰められたほうが

響きやすいかもしれないなーとも思います

 

 

 

ってことで、近況までおねがい

 

IMG_20161023_223103858.jpg

君の名は。に出てくるカフェに行ったよ。

ダーリンは夜中の3時までサッカー観てて寝てないので

目が死んでるガーン

IMG_20161023_223103485.jpg

 

IMG_20161023_223104241.jpg

国立新美術館のカフェです

 

 

あとね、1週間ぐらい前に

すごい虹を見たよ。

 

肉眼でも5本ぐらいあってびっくりだった

 

でかすぎて、画面に入り切らなくて、何個かに分けて撮った虹

 

IMG_20161023_223102886.jpg

 

IMG_20161023_223102507.jpg

 

IMG_20161023_223101871.jpg

 

IMG_20161023_223102206.jpg

 

 

なんか、3年前に出雲で出た虹とすごく似ているなーって思って

帰ってから、確認したら、たぶん同じ現象だったと思う

よく似ているもの

 

しかも、偶然にも3年前のと同じ日付だった

 

わたしも、いつか見たいなーって3年前に思ったのが

3年越しで叶って嬉しかったよ照れ

 

「神在月」に神が降臨!? 3つの太陽、逆さ虹…

0f212bc2.jpg

 

http://www.02320.net/ice-halos/

このサイトによると、日輪は「ハロ(日暈)」

 

逆さ虹は環天頂アーク

 

太陽の横にも太陽があるように見えるのは幻日

っていうんだって。

 

千葉のポケモンの聖地

ポートタワーで見たんだけど、すごくきれいだった

 

でも、周りの人はポケモンに夢中で気付いてなかった…

 

 

この記事を書いていたら

今日、北海道でも同じ現象があったらしい

イムリ

【北海道で超レア現象】怒涛の虹色ラッシュ

 

 

 

ダーリンのドアばさみ事件のインパクト

あの日のダーリンが忘れられない

IMG_20161005_221839618.jpg

---------------------------------------------------

IMG_20161005_221743509.jpg

は?????なんでってパニっくっていたら

 

ダーリンは結局、乗り損ねたのに、楽しそうに手を振っていたの

 

 

恥ずかしかったのかと思ったら、

わたしが心配していたから、大丈夫アピールだったらしい

 

 

この時は、なんで顔がはさまるのかも疑問だったけど

 

 

わたしはこんなに楽しいのに

ダーリンがそれに付いて来れないなら

 

 

それぞれのペースがあるから

無理に合わせないで

それぞれのペースで

進めばいいんじゃないかって思ってたんですね

 

ケータイでいくらだって連絡取れるから

後で合流すればいいだけだし

 

このドアはさみ事件の時は

10分ぐらい早く着いたお陰で

銀行に行く用事を思いだして寄れたしって思ってたんですね

 

 

だから、最初にこのことを書き始めた時も

そういう風に書いていたんですけど

なんか、書いていて、もやーっとしてきて

何か感覚的に違えている気がしてきて

内容を変えたんですね

 

 

だって、単純にそれぞれのペースで進めばいいとは

思うんですが

ダーリンはわたしと一緒にいたいっていうし

わたしだって、一緒にいたほうが楽しいに決まっている

 

 

例えば買い物とかそれぞれの用事があるならともかく

この時なら、別に別々に行く必要はなく

ちゃんと足並み揃えて行けた方が良かったのに

それを、それぞれのペースでっていうのは

どこか不自然さを感じたんです

 

 

 

うーん

たぶん、いままでは個人の楽しさとか幸せを

追求することで、周りも幸せになっていくって感じだったんですが

これからパートナーシップが大切になってくると

個人の幸せだけを追求して行くと

ひとりよがりな感じになったりとか、

全体とのバランスが悪くなって行く感じがします

 

 

もっとひとりで突っ走るんじゃなくて

周りと調和しながら歩む感じが必要になると思います

 

 

いままでだったら

IMG_20161005_162506981.png

こんな感じでわたしが楽しい時は

自然とダーリンも一緒に楽しんでたんですよ

 

 

でも、最近、ダーリンが妙に疲れていて

一緒にいても、気を使うことが多かったし

妙に足をひっぱられている感じもあったんですが

それって、結局、わたしがそう感じる感覚なんですね

 

 

だけど、実際に、彼は疲れているし

本人、自覚なさそうですが

恐怖も浮き上がってきているんだと思うんです

なんかよく分からないことで、変に怖がっていること

最近、多いし、

実際に不安や心配を押し付けて来ていたのはあったんですが

 

 

なんか、最近

そんなダーリンにイライラすることが多かったなーって思うんです

 

 

これは長年のわたしの癖みたいなもので

経験的に、こういう風に恐怖が湧きあがっている人に

関わるとロクなことがないんですよ

 

 

だから、そういう人を見ると無意識に警戒してしまっていたんです

 

 

だけど、ドアばさみ事件って

彼からしたら恐怖が浮上しているからなんですが

 

 

わたしの視点からみたら

そんな風に恐怖が浮上している彼を

わたしが感覚的にシャットアウトしようとしていたり

無意識に置いてきぼりにしようとしていた

現れだった気がします

 

 

だから、このまま別々に

行動すればいいんじゃないっていうのは

わたしにとっては、

逃げでしかない気がしたんです

 

 

ダーリンも悪気があって恐怖が浮上している訳じゃないし

共に生きて行くのに、もっと違う方法があると思ったんです

 

 

これも感覚の違いなんですが

そういう時もあるよね、恐いねって

別に警戒するでもなく、怒るでもなく

そんな彼のことを分かってあげるだけで

彼の行き先のなかった不安が多少なりとも

落ち着くと思うので、現れる現象も変わってくると思います

 

 

これは新たなる時代のパートナーシップに

とても重要なことなんですが

別に無理に相手に合わせなくても

互いのことを思い合い、分かり合うことで

それぞれが自由に生きていても

自然と合うようになっていくと思います

 

 

なんか、このことがきっかけで

そんな風に無意識に彼に対して

警戒していた自分に気が付けたのもあって

 

 

もっと他の人とも分かり合いたいなーって思って

もっと初歩的なこととかブログに書いたりとか

したほうがいいと思ったし

おはなし会のやりかたも、ちょっと変えようって思ったんです

 

 

とにかく電車のドアばさみ事件のインパクトが大きすぎて

このままじゃいけないんじゃないか

方向性を考える時期なんじゃないかって思えたから

顔をはさんでくれた、ダーリンさまさまなんです

 

 

しかも、本人が怪我しなかったのもあって

いまじゃ笑い話になっています

 

 

更にありがたかったのが

面白いから

その場面を再現するために、絵を描こうと思ったけど

なんか、絵を描くのが怖くて、描けなかったりして

なんで、こんなに描くのが恐いんだろうって

自分でも不思議に思ったんです

 

 

そもそも絵が得意なんで

絵入りでブログを描きたいって

前から思っていたけど

ずっと描けなかったんです

 

 

絵のはなしになると長くなるので

簡潔に書くと、20歳ごろまでは

絵ばっかり書いていたんです

すごく生き辛かったけど

絵を描くことだけが、心のよりどころみたいな感じだったんですが

大人になって、人の世にはまるにしたがって

感覚が麻痺してきたからなのか、

前のように絵が描けなくなったんです

 

 

そういう色んな想いが、入り混じっていて

絵が描けなくなっていたんですが

いまは、色んな人が気軽にネットに絵を載せているし

気軽にかけばいいんじゃないか

しかも、面白いネタもあるしって

いいきっかけをダーリンがくれたからって

がんばって絵を描いてみました

 

 

描きだすまでは時間がかかりましたけど

描いてしまったら、なんてことない

ちゃちゃっと描けて、なんで描けなかったのか

もう思い出せない感じですし

やっぱり絵を描くのって楽しいなーって素直に思いました。

 

 

些細なことですが、わたしにとってはすごく大きな変化なんです

きっかけをくれた、ダーリンに大感謝ですチュー

 

 

なんか、自分でいうのもなんですが

わたしのブログに描いてあることって

すごく人生にとって

大事なことを書いているんですね

それこそ書いてあることが

頭ではなくて、感覚で理解できたら

それこそ人生が激変するぐらいの内容なので

多くの人に伝えたいんですね

 

 

そうすることで、その人たちが楽になるだけでなくて

わたしも感覚的に通じ合う人が増えて嬉しいですしね

 

 

ただ文字で描くよりも

絵があった方が、より伝わり易いし

受け容れられやすいんじゃないかと思うので

これからは、できるだけ絵を入れられたらいいなーって思いつつ

三日坊主にならなきゃいいなーって思う今日この頃です

 

 

10月のおとぴのおはなし会&おうちお茶会のお知らせ

 

ダーリン電車のドアにはさまれるの巻

先日、うちのダーリンこと

自称プチリー族のひでゆきさんが

 

IMG_20161005_122209900.jpg

 

電車のドアに顔面はさまれました

 

ちーん

 

 

これは、先週末に遊びに出掛けた帰りの電車での出来事ですが

 

 

乗り換え前の電車が少し遅れてた関係で

余裕で乗り換えられるはずが

乗り換えで階段降りている時に

 

「あれ?電車来てる」と思って走って降りて

わたしはセーフだったんですが

ダーリンは間に合わず、

閉まりそうなドアの前で躊躇してたら、

ドアがしまってしまったので

 

 

「あー、先に行っているよー」

 

って行ったら、ダーリンがドア近くにいたからか

ドアが再度開いたんです

そしたら、やめときゃいいのに、無理に乗り込もうとして

IMG_20161005_122209900.jpg

(このような無理なご乗車はおやめ下さい)

 

滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗

 

びっくりぎょーてん…

 

 

わたしはパニくりながら

「ちょっと嫌だ。大丈夫。

なにやってるの???」

 

はさまったままのダーリンが

「大丈夫。

開いたから乗ろうと思って」

 

 

再度、ドアが開いたので、ダーリンは顔を抜いて

そのままダーリンをホームに残し電車はでましたとさ

 

 

たぶん、わたしはびっくりし過ぎて

滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗すごい顔をしてたと思います

 

 

しかも、ダーリンが乗り損ねた時点で

あーあって感じで、電車の中で注目されている感じだったんです

 

 

しかも、あいつが顔を挟んだもんだから

電車内はざわざわしてて

「あれ、絶対に痛かったよね…」って

なんかさむーい空気が流れていました

 

 

わたしは人目を気にしない性格ですが

それでも、そうとう視線が寒かったので

だぶん、普通は耐えがたいほどの恥ずかしさだったと思います

 

 

慌てて、メールで大丈夫か聞いたら

キレイにはさまったから

そんなに痛くなかったそうなので

最寄駅に先にいって待っていると伝えました

 

 

滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗

 

最寄駅までの電車の中で

 

 

なにが、どうしてどうなったら

顔がドアにはさまるんだ???

 

 

ドアにカラダやカバンがはさまる人は

時々、いるけど

なんで、顔がはさまるんだ????

 

 

あいつはカオナシなのか

映画 千と千尋の神隠しより

 

これぐらい、前傾姿勢ならありうる

(それかエヴァ(量産型)とか)

 

 

それで、とにかく何にびっくりしたって

単純に顔を挟んで、大丈夫?とか

そういう問題じゃないんですね

 

 

8月ぐらいに、車の後ろのドアを

ダーリンにぶつけた時と同じような感じなんですが

 

わたし急げば電車に間に合いそうかとか感覚で分かるんです

 

 

わたしの感覚的には

問題なく、二人とも電車に乗れているタイミングなんです

 

 

 

8月のドアをぶつけた時も

信じられなかったんですが、

あの時はわたしも感覚的におかしくて

声をかけ忘れたのもあったし

うまく言葉にできなかったんですが

感覚的には、わたしがぶつけたっていうよりも

彼が自らぶつかりに来たって感じだったんです

 

 

 

本人、自覚ないですし

彼なりに煙草を取りたかったとか理由があるんでしょうが

感覚的には、彼の自爆テロな感じなんです

 

 

なんかねー

ツーカーな仲とはよく言ったもので

一緒にいる時間が長いので

頭で理解してなくても、かなりテレパシーで

通じ合っているみたいで、

同じ時に、同じことを考えていたりすることがよくあるんです

 

 

彼も同じようなことを感じていたみたいで

よく同じことを考えているっていうんです

 

 

これって、どっちかの考えが無意識に伝わって

まるで自分の考えのように閃いたりするからだと思うんです

 

 

あと、彼とはびっくりするぐらい

タイミングが合うことが多いですしね

 

 

そんな風に無意識に通じているのに

わたしが、ドアを閉めようとしているのに

それに突っ込んでくるのって、無意識の自爆テロな感じがするんです

 

 

だから、なんで…ありえないって思ったんだと思います

 

 

前に般若シリーズで

人は恐怖が上がってくると、無意識に自爆するような

行動をとることがあるって話したと思うんですが

最近、ダーリンも妙な行動することが多いんです

 

 

妙に心配性なことも多いんですが

なんか、わたしのことを心配するふりして

自分の恐怖や不安を押し付けて来ている感じなんです

 

 

わたしが楽しく行動しているのに

その心配をふりかざして、まとわりついてくる感じです

 

 

それは、わたしの小さい時の、

追体験でもあるのかもしれないですが

それ以上に、彼の恐怖が溢れ出て来ている感じがあります

 

 

最近、妙な印象の人がいっそう増えたって

お伝えしましたが、そういう方たちも恐怖から

逸らすために、妙になっている印象なので

現れ方が違うけど、ダーリンも同じ感じですね

 

たぶん、なんだか知らないけど

不安だったり、恐怖が湧いている人

また増えているんじゃないかな

 

 

たぶん、自爆するような

変な行動をとる人増えていると思いますよ

 

 

 

この電車のドア事件の時でいえば、

わたしは発想や行動が子どもなので

思いついた時に、思いついたように行動したいんですね

 

 

この時でいえば

別に電車なんて一本遅らせてもいいんですが

この時は、ちょっと急いだら間に合いそうだったから

急いで、乗りたかったんです

 

 

わーい 間に合ったー

 

↓こんな気持ちで楽しかったのに

IMG_20161005_162506981.png

そういえば、そこまでぎりぎりな感じでもなかったけど、走って飛び乗っているから

駆け込み乗車ですね。駆け込み乗車は危険ですね。

はい。ごめんなさい。気をつけます

 

 

 

振り返ると

IMG_20161005_164459797.jpg

 

がーんΣ( ̄ロ ̄lll)

なにこの落差… 

 

しかも、再度ドアが開いたのをいいことに、乗り込もうとして

IMG_20161005_122209900.jpg

ダーリンドアに顔面はさまる

 

 

うーん、この日は出先でもそうだったんだけど

わたしは絶好調で、かなり歩きまわったけど元気だったけど

彼は途中で疲れていたから、先に帰ればって言ったけど

わたしと一緒がいいって付いて来たのね

 

 

IMG_20161003_192501767.jpg

ダーリンがついてくるっていうから

ポケモン狩り&「君の名は。」観賞(5回目、ダーリン2回目)で舞浜に移動したら

映画館の前でラジオの公開収録していて

なんと、君の名は。の三葉ちゃん役の上白石萌音ちゃんがゲストで出てて

「瀧くん」ってセリフを生で聞けて、超嬉しすぎて

わたし的には、ダーリンに合わせて途中で帰らなくて良かったのね

 

 

電車のドア事件の時も

わたしは元気だったから、つい走り出しちゃったけど

彼は疲れていて、無理だったのかも

 

 

なんか、最近、妙にダーリンが疲れている感じがするの

その疲れ方が、肉体的な疲れっていうよりも

わたしにはエネルギー的にすごく疲れている感じに見えことがある

 

 

 

ドア事件でも、たいした怪我が無くてなによりだけど

これも一種の自爆テロな気がするわ

 

 

 

なんかさー、彼は心配性で

わたしのことを心配するんだけど

わたしからしたら、わたしは大丈夫だから

自分の心配しろよって感じ

 

 

人ってちゃんと自分を生きていれば

そんな危険なことって起こらないのよ

多少、起きたとしてもそれは何かのサインだったりするし

もし何かあっても、みんなが助け合えばいいしね

 

 

だから、当たり前にそれぞれの生きるチカラを信じていれば

過剰に人の心配する必要なんていらないし

何か、相手を気にする必要がある時って

妙に、気になったりとか、必要に応じて閃くのね

 

 

だけど前時代は、心配することが愛情だっていう

激しい誤解があったのね

人のことを過剰に心配する人たちが多いよね

 

 

正直、心配する念ってものすごくからみついて来て

むしろ、動きを制限されて、

動き辛くなって、返って危ないから、やめて欲しいって

ダーリンにも伝えているの

 

 

しかも、そうやって人に気を取られて

自分がおろそかになっているから

結局、自分が足元すくわれるんだと思う

 

 

前はわたしが元気なだけで、それが彼に反映されて

彼も艶々としていたんだけど

今年に入って、それだけじゃなくて

彼自身も家族のこととか色んな恐怖を解放してきたし

これもそれの続きだと思うの

 

 

ここに来て、わたしに不安や恐怖を押し付けないで

ちゃんと彼自身が自分を大切に生きる時期になったのかもって思う

 

 

そんな彼の行動に窮屈さを感じることもあるけど

その窮屈さも、わたしの中にある感覚だからね

それを解くことで、より互いに活かし合えるだと思う

 

 

いやー、やっぱりいまはパートナーシップがテーマなんだなー

こうやって色んな出来事を通して

彼との関係をより深めて、互いを活かすようにしていくんだと思う

 

 

ちなみにダーリンに、ブログに書くよって言ったら

楽しいダーリンで良かったね。

ネタがつきないねって、笑ってたよ

 

 

 

 

10月のおとぴのおはなし会&おうちお茶会のお知らせ

10月のおとぴのおはなし会&おうちお茶会のお知らせ

こんばんは、おとぴです

 

IMG_20161003_192537962.jpg

頭から東京タワーの角が生えた

 

 

おはなし会のお知らせです。

 

なんとなく、おはなし会のやり方を変えようかなーと

模索していて告知が遅くなってしまいました滝汗

 

 

っていうのも、わたしは人前に出て一方的に話すのが好きじゃなかったので

いままでは、参加者さんとざっくばらんにお話しする会にしていたんです

 

 

でも、ふともしかして

わたし、人前で話すことに嫌なイメージを持っているだけで

実はそんなに嫌じゃないんじゃないか…ってことに気がついたんです

 

 

というのも、いままで前に出てお話しをしている方に

感じるエネルギーが業務的だったりパフォーマンス的だったり

支配的で一方的だったり、

あまり好印象な方がいなかったから嫌なイメージがあっただけじゃないか

って気がついたんですね

 

 

参加者さんとざっくばらんに話すのも楽しいけど

参加されている方の理解がそれぞれ、まちまちなので

もっと基本的なことからお話しをしたほうがいいんじゃないかって

最近、思って、あれこれ考えていて

告知はまだしていなかったんです

 

 

が!!

東京の会場の近くの公園が

レアポケモンポケモンGo)の宝庫になっているとの情報を見付けたので

内容はまだ未定ですが、おはなし会をやることにしました

ポケモン狩りはおはなし会終了後に行きます

一緒に来てもかまいませんが

おとぴは、レアポケモンをゲットするのに必死なので

フォローはできませんし、激混みなので

はぐれる可能性も大きいので、ご了承ください

追記:10/6ポケモンの巣の変更あり

浜町公園はもうそれほど混んでないらしい

 

 

なので、お話しする内容の準備ができていれば

わたしが前に出て、お話しさせていただきますし

特になければ、いつも通り、

ざっくばらんに質疑応答に答える、おはなし会にします

 

 

こんな感じで適当なんで、気軽にいらしてくださいね

 

 

あー、おうちお茶会はいつもと同じで

普通にお茶しながらくっちゃべる会です

 

 

おとぴのおはなし会 in 東京

 

2016年10月8日(土) 13時30分~16時30分

 

(途中参加、途中退出OK)

 

ニコニコ連絡不要の自由参加制

 

なのでキャンセルメールも不要です

 

ニコニコ自由料金制

 

飲食物の準備はありませんので

お飲み物など各自、ご自分の分はご持参ください

 

 

料金はおとぴ箱を置いておきますので

そちらにお願いしますお願い

 

※お子さん連れでも大丈夫です

 

 

場所:中央区立産業会館 和室

 

地図

http://www.chuo-sangyo.jp/access/access.html

都営浅草線東日本橋駅(徒歩4分)    

 

都営新宿線馬喰横山駅(徒歩5分)

 

JR総武快速線馬喰町駅(徒歩6分)    

 

JR総武線浅草橋駅(徒歩7分)

 

******************************

 

おとぴのおうちお茶会

 

 

日程 2016年10月16日(日)13~17時

(途中参加、途中退出、連絡なしのドタキャンOK)

場所:おとぴのおうち

千葉市 千葉大の近くです

最寄駅 JR稲毛駅 西千葉駅 

共に徒歩20分 バスだと10分ぐらい

詳しい場所は申し込まれた際にお知らせいたします

参加費:自由料金制 おとぴ箱にご自由に入れてください

(お茶とお菓子付き)

人数:10人ちょっとぐらい

入れなくはないので適当に決めます

※お子さん連れでも大丈夫です

申し込み方法:3.otopi@gmail.com 

まで

「おうちお茶会」のタイトルで

氏名、ケータイ番号を記入の上お申し込みください

 

 

みなさんにお会いできるの楽しみにしています

 

 

ヘビと原罪と人が抱える矛盾とパラダイムシフトのはなし②

それでね、わたしが思うに

アダムとイブのはなしにでてくる

 

 

知恵の実と、生命の実

 

 

人にも知恵の実タイプの人と

生命の実タイプの人がいると思うの

 

 

それはどちらが良いというわけじゃなくて

陰陽とか男女みたいな感じで役割分担していて

どちらも必要であり互いに活かし合う必要があるの

 

 

知恵の実タイプの人は

知恵を駆使して理想を求める感じで知性の人

 

 

生命の実タイプの人は

いのちを育み現実を生きるタイプで感覚の人

 

 

これ本当にどっちも必要なのよ

 

 

理想を求める知恵の実タイプの人は

理想を求めれるが故に、時に現実的じゃないだろうし

 

 

生命の実タイプの人って

例えば、わたしなんかがそうなんだけど

すごく感覚的だから、あんまりボキャブラリーがいらないのよ

若い子たちが「やばい」と「かわいい」だけで

会話が成立するような感じで

同じことばでも感覚的な違いをキャッチできるから

あまりボキャブラリーが必要じゃない

 

 

例えば、生命の実タイプの人が

農耕民族でずっと農業だけやって生きて行くならば

それでも、いいだろうけど

いのちには、いのちを発展させたいって

イヤサカの想いがあるから

生命の実タイプの人たちだけだと、発展力に乏しいのね

 

 

そこで知恵の実タイプの人たちが加わることで

色んな感覚の些細な違いを

言葉で表現してみたりしたから

たくさんの美しい言葉が産まれて来たんじゃないかな

 

 

知恵の実タイプの人は美を追求するような感じがあってね

色んな面で理想を求めてこの世界が発展してきたような感じがするの

 

 

生命の実タイプの人だけだと

この世が発展しないのよ

 

 

でも、智恵の実タイプの人だけだと

理想を求めるがあまり

時にはいのちを軽視することもあると思うし

理想と現実がそぐわなかったりすると思う

 

 

人は知恵派、いのち派って明確に別れる訳じゃなくて

それぞれに持っていて、男性性、女性性みたいな感じで

両方持っているけど、男性性が強いタイプとか色々といると思うの

 

 

ただ前時代は、この知恵が強欲な感じのヘビエネルギーに

すごく浸食されていたような感じがあるのね

 

 

だからね、ほぼすべての人が

なんらかしらの形でヘビエネルギーに侵されているように思うんだけど

誰も彼も少なからず知恵派のエネルギーを持っているからだと思うのね

 

 

 

特に女性のほうがヘビエネルギーが表れやすいように思うんだけど

なんかヘビエネルギーの現れ方も

知恵派といのち派の人で違う感じがあってね

 

 

みんな両方持っているから

よーく視ると、両方あるんだけど

 

 

元々、智恵の実タイプの人に

ヘビエネルギーが強く現れたら

やたらと反応が早いっていうのかな

知恵がまわるぶん、頭の回転も早いのかな

 

 

返事が超早い感じで「分かりました」とか「気付きました」を

やたらというとか、やたらと結果を出したがる成果主義な感じがあって

すぐに「悟った」とか「シフトが起きた」とか魂がうんちゃらかんとかとか

すごく大きな出来事にしたがるというか、

パフォーマンスとかアピールがすごい感じがあるの

 

 

最近、ヘビ系の人が妙になっているっていったけど

主にこのタイプの人が多くて

元々、感覚的じゃなくて思考が強くなるタイプの人たちだから

脳内ファンタジーが炸裂しているみたいなんだけど

感覚的には、全然、伴っていないから

傍から見ていてすごく妙にみえるの

 

 

ただね、感覚的に伴っていなくても

理想を追求して、実際に動けるタイプの人は

結果も出せるだろうから、一般的には

このタイプで結果を出せるタイプの人は人気があるよね

 

 

あとね、生命の実タイプの人が

ヘビエネルギーが強くなると

 

 

ぼーっとしていて反応が鈍かったり

天然ボケな感じが強くて話しが通じない印象があるよ

 

 

このタイプの人は知恵じゃなくて

感覚で閃くことで色々と判断するタイプの人なのに

それが麻痺してしまうと

何を基準に選んでいいか分からないから

物事を選ぶのがすごく怖いというか

本来、感覚が優位なのにそれができないと

自分が立っている場所すら疑わしい感じで

だから例えば目的の駅に降りても、

本当に合っているかの自信が持てなくて

常に確認しないといられないような感じになるみたい

 

 

このタイプの人が感覚的に狂うと

目の前に探し物があっても見つけられなくなるのよ

このタイプの人は物を探すのも目で見て探しているというよりも

無意識に感覚的に探しているのね

 

 

逆に調子が良いと、探さなくても

それがある場所が閃くように分かる感じなんだけどね

 

 

だから、感覚が狂っている状態だと

色んなことに自信が持てないから

人に判断を委ねてしまったり、

クレクレ星人になりやすい傾向があるみたい

 

 

それでね、ヘビと原罪と人が抱える矛盾とパラダイムシフトのはなし①

でも、書いたように

人は無意識に自分を生きようとしないで

自分でない何者かになろうとしたがるの

 

 

それも、この原罪による

自分のいのちを生きていないという

罪の意識に触れたくなくて

無意識に感覚を逸らすからじゃないのかなって思うのね

 

 

冷静に見ると、人がね

感覚を麻痺させて、脳内ファンタジーで生きているさまって

すごく滑稽に見えるし

こんな生き恥をさらして生きていて恥ずかしくないのかな?って

不思議に思うぐらい、妙なことを多くの人はしているんだけど

感覚が麻痺していて、それを感じないみたいなの

 

 

むしろ、わたしからしたらどうでもいい世間体とかの

恥ずかしさとかはやたらと気にするから、余計に妙にみえるし

でも、本当は感じない様にしていても、どこかで感じているから

恥ずかしすぎて、余計に気付かない様にしているのかもって思うの

 

 

だから、無理に感じるようになったほうがいいとかは言わないけど

そのままほって置くと、旧世代とかの人みたいに

どんどん感覚が麻痺して行くだろうし

若い人の場合は感覚が良いし、いまは時代のエネルギーが

どんどん本質に触れるような感じになっているから

旧世代の人以上に、妙な感じになる人も増えると思うし

どんどんそれらが浮き彫りになって行くと思うよ

どうするか決めるのは、いまが大きな分かれ目だと思う

 

 

 

それでね、多くの人は夢を見るような感じで生きているって言ったけど

だからこそ出来上がったのが、この世界なの

 

 

でも、もう目を覚まさないといけない所まで来ている

 

 

ただ、目を覚まさないでいることを選んでいる人たちも

たくさんいるように思うの

そういう人は脳内ファンタジーにどっぷり浸かっているだろうけど

それはそれぞれの選択だから、どっちが良いとかじゃないの

 

 

ただ、おとぴ的には

怖くてもしっかり目を覚まして

少しずつでもいいから、

この世界の本当を見る勇気を持てる人が増えたらいいなって思う

 

 

ヘビって脱皮するから、生まれ変わりを象徴するらしいし

生まれ変わるように、変わる時が来ると思うの

 

 

そして、目を覚ましてこの世の本当を見ることが出来たら

こんな風に人が生きてしまっても仕方なかったんだなって

自分自身も、人も世界も許して、

互いにみんなで許し合えるようになれたらいいなって思う

 

 

それがいまの時期のパラダイムシフトにかける

おとぴの祈りです

 

ヘビと原罪と人が抱える矛盾とパラダイムシフトのはなし①

うー、気持ち悪いゲロー

 

 

ヘビ系のはなしをしていると

よくアダムとイブの話しがでてくるのね

 

 

わたしは宗教に興味が無いから

よく知らないんだけど

博学な人たちは、ヘビから聖書のはなしを連想する人が多いみたい

 

 

聖書にある、智恵の実と生命の実のはなし

 

 

神が食べることを禁じていた

知恵の実を、ヘビがアダムとイブをそそのかして

食べさせたはなし

これも最初に女性であるイブがそそのかされて食べたらしいんだけど

その辺りも、女性性とヘビエネルギーの関係性の深さを

物語っている気がするのね

 

 

なにぶん、わたしはこのことを語れるほど

知識がないから、原罪についてとか

アダムとイブのはなしをネットで調べてたら

頭痛くて、気持ち悪くなってきて

どうにも、そういうサイトのエネルギーが

閉鎖的な窮屈な感じがあって

人の思考能力を奪うような感覚になって

わたしには気食悪く感じるの

 

 

いくつかの、サイトを見ただけだから

全部がそうとは限らないと思うし

そういうのを感じないものもあるのかも知れないけど

この閉鎖的な窮屈な感じって

ヘビエネルギーに感じるものとすごく近いし

ここ1カ月ぐらい、感じてたものとすごく似ている

 

 

だから、いまの時期のシフトに

このエネルギーがすごく大きく関係していると思う

 

 

あー、あのね

これを書いておかないと

ほとんどの人が誤解するだろうから

一応、書いておくけど

わたしはヘビエネルギーを感じる

そういうサイトが悪いって書きたいんじゃないのね

 

 

ただ感じたものを書いていて

いま、必要な情報を読み解いているのね

 

 

ほとんどの人はそれを良い悪いで判断して

あー、そういうサイトは悪なんだとか

宗教にはまっていると、ダメなんだとか

宗教やってないわたしは大丈夫とか

そこに良い悪いの判断が加わってしまうのね

 

 

多くの人は

そうやって善悪で判断してジャッジすることで

自分を感じることから逃げているのね

 

 

だから、良い悪いで判断すること自体が

ほとんどの人がひっかかるポイントだし

これこそヘビエネルギーのなせる技なのね

 

 

こういった善悪で判断する感覚が

人に深く根付いているから、

人が人よりも優れた人間になろうとして

人を蹴落としたり、色んな欲望に走るの

 

 

前にも言ったけど

欲自体は生きるために必要なものでもあるから

なくす必要はないんだけど

多くの人が翻弄されている欲って

原始的な生きるためのものであったり

自分の本来の目的を果たすためのものではなくて

承認欲求から来るものが多くて

色んな欲望に囲まれることで感覚を麻痺させるし

麻痺させたことで、より強い刺激を求めるって言う

無限ループの中に人はいるのよね

 

 

突き詰めていくと、こういった欲求って

ヘビエネルギーによるものだと思うから

聖書にすごくリンクするのよ

 

 

アダムとイブが食べた知恵の実は

神と等しき善悪の視点を手に入れるって

ヘビにそそのかされて食べるらしいけど

そもそも神は善悪で物事を判断しないと思うよ

 

 

この世のすべてはエネルギーだから

すべてはエネルギーで引き合い

エネルギーによって起こるし

神様は、主にこのエネルギーを視ていると思うよ

 

 

どんなに形を尽くして良いとされている行動をしても

それが承認欲求から来るエゴまみれだったら

神様にはエゴのエネルギーが際立って視えると思う

 

 

人はこのエネルギーを感覚によって

知覚できるから、すべては感覚だって言ってもいいと思う

 

 

だから良い悪いじゃないのよ

すべてはこの感覚にフィットしているかどうかだけなんだけど

人は感覚が麻痺しているからそれを感じられない

 

 

感じられないから、どうするかっていうと

善悪というものを作り出して判断するしかなかったんだと思うの

 

 

感覚があれば

自らの中に神を感じることができるから

外側の何かにすがる必要なんかなくて

自分の感覚を当たり前に信じていればいいんだけど

それができないから、外側に神を作り出して崇めたのが

宗教なんじゃないかって気がするのね

 

 

だからそういった宗教的なものにも

前時代的な善悪で判断するヘビエネルギーを強く感じるのね

特定の宗教がどうのとかじゃなくて

色んな宗教にヘビエネルギーがからんでいる気がする

 

ヘビを祭っている神社とかも多いけど

前時代の神的エネルギーには

ヘビがそうとうからんでいる気がするの

 

だけど、ヘビが悪い訳じゃなくてね

ヘビ本来のエネルギーって

もっと神々しくて、知的で聡明な感じがするの

わたしはボキャブラリーがないから

表現が難しいんだけど、

意地悪かったり、強欲な感じじゃないのね

人の欲とかでそうとうエネルギーがゆがんでしまっている感じする

 

 

 

そもそもね、感覚が生きていたら

必要なことって、全部、感覚で分かるから

してはいけないこと、相手が嫌がることも感覚で分かるから

そこに善悪の判断なんて必要ないのね

 

 

これね、感覚的なことだから

頭で生きている人には伝わらないと思うけど

必要なことって閃くように思いつくし

必要無いことって思いつかないのよ

 

 

善悪で判断することもそうだし

物事を形で決めつけて判断することもそうなんだけど

そうやって何かを決めつけても

この世は流動的にいつも動いているから

いつも同じ方法が良いとは限らないじゃない

 

 

そういうのも、感覚的に生きれていたら

無意識に察することができる

 

 

例えばね

時間を守らないといけない

遅刻しちゃいけないって、

善悪で判断すると、そうなるじゃない

 

 

でも、不思議となんか待ち合わせに遅れそうになっても

急がないでいい気がしていると

相手から遅れる連絡が来たとするじゃない

そうしたら、「ラッキー」って感じで焦らず

のんびり行くことができる

 

 

それを遅刻しちゃいけないって

頑なに思いこんで急いでいる時に連絡が来たら

わたしがこんなに急いでいるのに、気軽に遅れやがってって

すげームカつくかもしれないけど

こっちも急がなくていい気がしてたら

「わたしも遅れそうだから、焦らないで来てね」って

落ち着いて連絡できると思うの

 

 

それって別に相手に気を使って

本当はムカついているのに、我慢して

大丈夫なふりをしたとか

無理しているとかじゃないのね

相手と自然と通じ合っていれば

互いの無理のないように、無意識に行動できるのね

 

 

人は本来、そうやって通じ合って

互いのことを自然と察知して、

通じ合って、想いやって生きることができるのに

善悪の判断がそれを狂わせるんだと思うの

 

 

わたし、色んなタイミングがいいらしくて

よく人から驚かれるんだけど

わたしにとって、それが当たり前のことだから

それが特別なこととか思っていないから

それで得意になったりしないのね

 

 

きっと、そこでタイミングばっちりなわたしすげーって

なると、タイミングが合わない時は

ダメなわたしになるだろうし

そうやって判断することで、また感覚がくるっていくと思うの

 

 

こうやってタイミングがあう時もあれば

天体の影響とかで、合わない時もあるけれども

この世は一辺倒にできていないのが

この世のすごさでもあるのね

 

 

 

そもそもね

いのちは無限であるけど

肉体は有限なのね

 

 

無限の存在であるわたしたちが

肉体を持つことで有限となる

 

 

無限と有限

対極するものを同時に持っていることで

人は色んな矛盾にさらされるの

 

 

肉体を持つことで、

初めて矛盾を経験できるから

矛盾を経験することも生きる喜びであるのね

 

 

だけど、頭で考える形を生きる世界だと

矛盾には対応できないのね

 

 

これが、前時代の色んな混乱の大きな原因のひとつだと思うの

 

 

前時代の人たちは

この矛盾を修正できなくて

矛盾をとらえられないし、把握できないから

余計に感覚を麻痺させて来たんじゃないかなって気がする

 

 

麻痺しちゃっているから

結果、手のひらを返すような発言をしている自分を

とらえることができないんだと思うの

 

 

そもそも矛盾は、修正する必要がないというか

修正とかいう概念ではないのね

矛盾は生じてしまうのは当たり前なんだけど

問題があるならば、矛盾につまづく感覚だよね

そのつまづく感覚があるうちは、矛盾の先の領域には行けないと思う

 

 

この矛盾につまづく感覚こそが

前時代的な形にはめたがる性質であったりとか

善悪で物事を判断するがためにできあがったものだと思うよ

 

 

それで、ヘビエネルギーと原罪のはなしに戻すけど

 

 

わたし、色んな人と接して来てね

特にヘビエネルギーが強い人に、これを強く感じるんだけど

 

 

人は

自分ではない何かになりたがる

 

 

ようにしか見えないのね

 

 

色んな欲望に走るのもそうだし

承認欲求に走るのもそうなんだけど

 

 

求めれば求めるほど、自分から遠ざかっているし

自分ではない、なにかすごいものに

なりたがろうとしているようにしか見えないのね

 

 

そうそう、原罪だけど

人は生まれながらに罪を背負っているって

 

 

わたしは人が背負っている最大の罪って

 

 

自分を生きないこと

 

すなわち

 

 

いのちを生きないこと

 

 

だと思っているの

 

 

だから、罪を背負った人は

無意識に自分を生きないように、生きないように

無意識に自分ではないものになろうとしているんだと思う

 

 

 

 

つづく

 

 

<span amb-icon="reblog hasLabel"></span>君の名は。

なんか、冥王星の逆行が一昨日の夜に終わったらしいですね

 

 

それでなのか

昨日ぐらいからカラダも超楽になって来たんですが

 

 

毎回、天体の動きって本当にすごいなーって思うんですが

4月18日から逆行していたらしいんですが

 

 

冥王星って死と生とか破壊と再生の星らしく

変容とか再生とか生まれ変わりを意味するらしく

逆行中は深層心理レベルでの破壊が起きるらしく

ものごとを根本から変えてしまうぐらいのチカラがあるそうです

 

 

このサイトによると

人間のダークな部分の表面化

 

根本的な自我や自己のコントロールが効かない

 

自分独自のやりかたをつらぬこうとする

 

 

思えば、ちょうど4月のそのころから

般若ブームとかで、いままでにないほどの恐怖を感じてました

 

 

いま思うと、般若さんとか、ヘビ系の人達の異様なほどの暴走も

冥王星のチカラだったのかもびっくり

 

 

わたしもこの間、信じられないほどの

大きな解放をたくさんしてきて

本当に生まれ変わってみたいです

 

 

冥王星さまさまです

 

 

そうはいっても、天体とか宇宙の動きって

人が認識できるれべるを遥かに超えて完璧なので

他にも色んな要素がキレイに重なって

わたしたちを動かしてくれているんだと思います

 

 

なんだか最近、すごく気持ち的には楽なんですよ

 

ちょっと前まではカラダは重かったりしましたが

それでも気持ち的にはすごく楽な感じがあって

なんていうか心の底からほっとした感じになることがよくあります

 

 

わたしの人生

消えてなくなりたいほど苦しいこともあったけど

本当に生きて来て良かったって思います

 

 

それで、いつもながら前置きが長くなってしまいましたが

今日の本題です

 

 

映画「君の名は。」にどはまりして

計4回観ているし、また観に行こうと思っています

 

 

調子がいまいちな時とかも

君の名は。を観に行ったらすごくすっきりしたんです

 

一緒に行った友達も不調が一気になくなったって驚いてました

※個人の感想です

出典:http://eiga.com/movie/83796/photo/

 

初回に観た後のリプログ

 

初回観た時は、とにかく感動して

号泣しまくりで、よく分かんなかったですけど

あれは観るというよりも、感じる映画ですね

 

 

感じながら、映画を観て、登場人物の純粋さとか

色々と気持ちが浄化されるんでしょうね

だから映画を見るとすっきりするんだと思います

 

 

今回もネタばれにならない程度に書きますが

多少、内容に触れるようなことも書くので

全く事前の情報なしに観に行きたい方は

ここから先は読まないでください

 

とにかく内的感覚に訴えかけてくる映画だなーと思って

新海監督は何か内的な確かな感覚があって

創っているんじゃないかって不思議に思っていたんです

 

 

そうしたら何かのインタビューで新海監督が

 

 

高校生のころに夕日を見てすごくキレイで

悲しいわけじゃないのに、自然と涙が出てきた

 

 

あー、自分もこの美しい景色の一部なんだって思ったら

自然と一体になったような感覚になった

 

 

その感覚が自分で原点になって作品を創っている

 

 

大人になってから社会の汚さを見ても

 

 

ふと自分の中を振り返れば

あの美しい景色がある

 

 

それで、どんなに世の中は汚くても

自分の中はキレイじゃないかって思えた

 

 

自分の作品がそんな風に自然の美しさに

気付く作品にしたいという想いで書いている

 

 

おぼろげにしか覚えてないで、

言葉の違いはあるかもしれないですが

だいたいこんなニュアンスのことをおっしゃっていたんです

 

 

わたしが、ブログで訴え続けている感覚って

まさにこういうものなんですよ

 

 

人は感覚に当たると自然と涙が出てきます

 

 

こんな風に自然に感動したとかじゃなくて

自分の中にあった悲しさに触れたりしても

自然と涙が出ます

 

 

頭であれこれ考えていても

涙は出ますけど、そういう時と大きな違いは

なんで涙がでるのか分からないけど

感覚が込み上げてきて涙が止まらないって感じだと思います

 

 

それが自分をちゃんと見てあげている状態ですし

それが自分に優しくすることなんです

 

 

外的に、美味しいものを食べたり、欲しいものを買ったりとか

そういうことを自分に優しくすることって

人は誤解されていますし、

何もしないよりも、ましかもしれませんが

こうやってちゃんと自分を見てあげていると

自分自身がとても柔らかくゆるんだ状態になれるんです

 

 

その状態だと、自然と人にも優しくなれますよ

 

(ちなみに、内的な感覚がつかめてきて、当たりっぱなしになっても

泣きっぱなしになるわけじゃないです。慣れます。

それでも、より深い感覚に当たると自然と涙がでますけど

 

 

いつも言っていますが

優しさって何かをしたら優しいとか行動じゃないんです

 

 

状態なんです

 

 

動物とか、小さな子どもはいつもこの優しい状態なんです

だから見ているだけで優しい気持ちになれるんです

 

 

自分解きをする上で

色んな苦しみとか悲しみとか怒りとかを

思い出して解放することも大切ですが

それと併用して、

こうやって自分に優しくしてあげられる瞬間も創ってあげてください

 

 

自然と涙がでるほど感動できるものがあれば

繰り返し、それに触れてあげてください

 

 

君の名は。」の映画なんかもそうなんですが

観た人がなんで泣いているか分からないって言う方が

多いそうですが、新海監督の想いが映画に入っているので

その優しさに多くの人が共鳴しているんです

 

 

この映画は多くの人を共鳴させられるほどの

チカラがあるすごい映画だと思います

 

 

 

それに、美しい景色の映像が評判な映画だけど

人が頭にとられないで

本来の感覚で生きていれば

世界は新海監督の映像に負けないぐらい美しく見えますよ

 

多くの人は本来の感覚が死んでいるので

その美しさが見えなくなっているけど

どこかでその美しさを憶えているから

これほど、人の感覚に訴えかけてくるのもあるんじゃないかな

 

 

 

ネタばれになるので、あまり書けませんが

主人公の二人が自分の感覚や直感を大切に行動していること

それも、いまの時代にとても必要なことだと思います

 

 

カラダは俯瞰して色んなことを知っているので

とにかく色んなことを教えてくれるんです

だから頭であれこれ考えるよりも

カラダから湧いてくる感覚を大切に行動したほうが

嘘のように、まるでパズルのピースがはまるように

物事がスムーズに行ったりします

 

 

別にスムーズに物事が進むことが

良い訳ではなくて、時には困難も必要な経験だったりしますが

まずはスムーズに進む経験をして

自分自身を信じられるようにならないと

困難を楽しめるようにならないと思うんです

 

 

 

頭であれこれかけている制限を

超えたことをカラダは教えてくれる

 

 

感じることが苦手で頭にとられてしまう人が多いので

感じる練習をするのに、この映画を繰り返し観るといいと思いますよ

 

 

あー、そうそう

話しは変わりますが

映画のレビューとかでね

不評な理由で、

主人公の男の子が、

いつ女の子を好きになったか分からない的なのがあって

びっくりしたんですが

 

 

主題歌で

 

前前前世から君を探し続けたよ♪って

言っているほどの縁のある相手ですよ

 

 

そもそも、男女入れ替わりが起きるほどの

縁のある相手です

 

 

ある意味、一心同体みたいなものなので

理由とか、理屈とかじゃなくて

自分が自分を愛するように自然と相手も愛せると想います

 

 

一般的には

むしろ頭がその自然と惹かれる感覚を

否定していて気付けないことが多いんじゃないかな

 

 

しっくりし過ぎていて、

むしろ好きだって気付けないほどかもしれないほど

まるでずっと昔から、ずっと一緒だったように

出会う前はどうしていたか思い出せないほど

自然に惹かれあうんじゃないかと思うんです

 

 

何かで好きになったとか、そういうのがないから

余計にこの映画がすごいなーって思うんです

 

 

うーん

前時代って、条件とか色んなもので

誰かを好きになっているのが多かったのかもしれませんが

たぶんこれからの時代の恋愛は

そういう理屈じゃなくなって行くと思いますよ

 

 

わたしもダーリンに出会って

他の人なんか考えられないし

彼と一緒にいない未来なんてありえないし

何をしたら彼を嫌いになれるかも分からない

 

 

もうパズルのピースがひったりはまったとしか

いいようがないぐらい、

別にがまんしているわけでも制限しているわけでもなく

彼しかありえないんです

 

 

たぶん、これからの時代に

そういう風に理屈じゃなくて惹かれあう人たちが増えて行くと思うんですが

そういう人って、自分の本質に触れてくるので

惹かれることが恐く感じる人が多いでしょうから

その練習のために、繰り返し映画を観ている人も多いんじゃないかな

 

 

わたしも、周りの友達も

繰り返し観ている人が多いのよ

 

 

わたしはもう理屈じゃなく惹かれる人に出会っているけど

とにかくこの映画のことを考えていると

楽しくてしょうがなくて、まるで恋をしているみたいになれるので

すごくこの映画が好きなんです

 

 

きっと映画をつくった人たちが

恋をするようにこの映画が好きなんだろうとも思うんです

 

 

とにかくお勧めの映画なので

ピンときたらぜひぜひご覧になってください